五味隆典の戦歴や入場曲を調査!2016年大晦日に魔裟斗に敗戦で引退か?

このあいだ11月に雪が降ったのが嘘のように、
溶けて何にもなくなっちゃいましたね。

このまま雪が降らなければいいのですが、
降ったら雪かき大変ですからね。

はい!
季節はもう冬。

12月に入い世間はクリスマスモードですが、
私の中では大晦日に開催される「KYOKUGEN2016」で
頭がいっぱいです。

ということでここでは
KYOKUGEN2016」で魔裟斗と対戦する
火の玉ボーイこと五味隆典に注目してみたいと思います。

まずは五味隆典をよく知らない方のために
プロフィールを確認したいと思います。

次にきになるのは「戦歴」ですね。
今までの対戦相手や何勝何敗かをチェックしてみましょう。

そうそう「入場曲」も気になるところ。
きっとかっこいい曲で入場するんだと思います。

最後に、
五味隆典は2016年で38歳。
格闘家として、
しかもPRIDEという舞台で戦うには
もう限界がきていると思われます。

魔裟斗との戦いで負けた場合、
引退するのか続投するのか、
その進退を調査してみたいと思います。

Sponsored Links

五味隆典のプロフィールをチェック!

基本情報
・本名:五味 隆典(ごみ たかのり)
・通称:天下無双の火の玉ボーイ The Fireball Kid
・生年月日:1978年9月22日(38歳)
・出身地:神奈川県愛甲郡愛川町
・所属:K’z FACTORY→木口道場レスリング教室→久我山ラスカルジム
・身長:173cm
・体重:70kg
・リーチ:178cm
・階級:ライト級
・バックボーン:レスリング・ボクシング
引用:https://goo.gl/24kuD3

出典:https://goo.gl/UK1McT

出典:https://goo.gl/UK1McT

五味隆典は中学生のとき野球部ピッチャーをやっていたそうです。
多分当時から体格は良かったと思うので、
敏腕ピッチャーだったと思います。

たまに少年野球でも大人顔負けの体格で、
剛速球を投げる子供もいましからね。

その手のタイプだったと思います。

格闘技を目指そうと思ったのもちょうどその頃だったようなので、
自らの体を生かせるスポーツだと感じたかもしれません。

父親は厳格な人で、
五味隆典が高校を中退して格闘技の道を歩み始めた時
父親と衝突して円を切られたを言っていました。

父親はどうやら警察官になって欲しかったようですね。

五味隆典の戦歴をチェック!何勝何敗?

1998:vs 鶴屋浩 ○
1999:vs 高田和道 ○
1999:vs 桑原卓也 ○
1999:vs ステファン・パーリング ○
1999:vs 桑原卓也 ○
1999:vs ジョニー・エドゥアウド ○
2000:vs アンデウソン・パヴァオン ○
2000:vs ポール・ロドリゲス ○
2000:vs ライアン・ボウ ○
2001:vs 佐藤ルミナ ○
2002:vs レオナルド・サントス ○
2002:vs クリス・ブレナン ○
2002:vs 三島☆ド根性ノ助 ○
2003:vs ニック・アートル ○
2003:vs ヨアキム・ハンセン ×
2003:vs BJ・ペン ×
2004:vs ジャドソン・コスタ ○
2004:vs ハウフ・グレイシー ○
2004:vs ファビオ・メロ ○
2004:vs チャールズ・”クレイジー・ホース”・ベネット ○
2004:vs ジェンス・パルヴァー ○
2005:vs ルイス・アゼレード ○
2005:vs ジーン・シウバ ○
2005:vs 川尻達也 ○
2005:vs ルイス・アゼレード ○
2005:vs 桜井”マッハ”速人 ○
2006:vs マーカス・アウレリオ ×
2006:vs デビッド・バロン ○
2006:vs マーカス・アウレリオ ○
2006:vs 石田光洋 ○
2007:vs ニック・ディアス(無効試合)
2008:vs ドゥエイン・ラドウィック ○
2008:vs ハン・スーファン ○
2008:vs セルゲイ・ゴリアエフ ×
2009:vs 北岡悟 ×
2009:vs 中蔵隆志 ○
2009:vs トニー・ハービー ○
2010:vs ケニー・フロリアン ×
2010:vs タイソン・グリフィン ○
2011:vs クレイ・グイダ ×
2011:vs ネイト・ディアス ×
2012:vs 光岡映二 ○
2012:vs マック・ダンジグ ○
2013:vs ディエゴ・サンチェス ×
2014:vs アイザック・ヴァリーフラッグ ○
2014:vs マイルズ・ジュリー ×
2015:vs ジョー・ローゾン ×
2016:vs ジム・ミラー ×
出典:https://goo.gl/24kuD3

通算48試合 / 35勝 / 12敗 / 無効試合1

16歳のときに木口道場レスリング教室に入門し、
元レスリングの連取でもある木口宣昭会長の元で
格闘技の基礎から学びました。

デビュー戦はレベルの高い打撃と組み技を融合させて戦う「修斗」で、
ブラジリアン柔術家の鶴屋浩と戦いみどと勝利。

それからは戦歴を見てもらえれば分かる通り
破竹の14連勝!!

2003年にヨアキム・ハンセンに負けるまではは
5年間負けないとかやばかったっすね。

ヨアキム・ハンセンはブラジリアン柔術家。
寝技を得意としていて判定で負けてしまいました。

2004年からはPRIDEに初参戦でいきなり
ジャドソン・コスタに初勝利!

しかもそこから2年間敗なしの10連勝!

またもやブラジリアン柔術家に負けてしまいます。
そこで負けてなかったら17連勝はしていたんですがね〜

惜しい!

五味隆典の入場曲は?

入場曲:SCARY -Delete streamin’ freq. from fear side-
アーティスト:THE MAD CAPSULE MARKETS

このバンド知ってます?
私は知りませんでしたが、
外国のバンドかと思いましたが、
歴とした日本のバンドで、
1991年にメジャーデビューしたバンドです。

出典:https://goo.gl/SCGdq8

出典:https://goo.gl/SCGdq8

2006年には活動を休止してしまいますが、
解散hしていないので、
活動再開が期待されているバンドです。

そうそう、
柔道三段、ブラジリアン柔術黒帯、
PRIDEウェルター級グランプリ2006王者の
三崎和雄もこのバンドの曲を入場曲に使っています。

出典:https://goo.gl/TEV6ow

出典:https://goo.gl/TEV6ow

Sponsored Links

KYOKUGEN2016で負けた時の進退はどうする?

さてさてそれでは本題に入って行きましょう。
2016年現在で38歳

現役の日本人の格闘家で
一番の最高齢は多分
キックボクサーの立嶋篤史で現在44歳。

やはり立嶋篤史の戦歴を見ても35歳を超えたあたりから
負けが混んできています。

ここ数年は負けが目立っています。

五味隆典も例外ではなく、
2010年ごろから負けが目立つようになり、
ネットッでもそろそろ引退なんて言葉も聞こえてくるほど。

本人ももしかしたら引退を考えているかもしれません。

2014年には自身初のマイルズ・ジューリーにTKO負け。

さすがにこれで引退だろうと思われましたがまさかの続投。

今年の夏にジム・ミラーを対戦しますがここでもTKO負け。

ここ最近は全くいいとこ無し。

個人的にはやれるところまでやってほしいんですがね。

どうなるかわかりませんが、
よくここまで戦ってきたと思います。

引退するようなことになっても、
拍手で讃えてあげたいですね。

出典:https://goo.gl/u2Kze9

出典:https://goo.gl/u2Kze9

五味隆典はいつ結婚したの?嫁や子供を調査!

実はというほどでもありませんが、
五味隆典は実は結婚しています

嫁さんの名前は「チアキ」さんという名前で、
五味隆典がそう呼んでいたので漢字まではわかりませんでした。

2009年に結婚して、
2010年にはお子さんが生まれています。

ちょうど今5歳か6歳くらいですね。

2016年の大晦日で魔裟斗と対戦するから
もしかしたら観戦に来るかもしれませんね。

KYOKUGEN2016の放送日程は?

日程:2016年12月31日(土)
時間:午後6時から

KYOKUGEN2016魔裟斗vs五味のチケット情報はこちらから

まとめ

今回はKYOKUGEN2016で魔裟斗と対戦する
五味隆典について調べてみました。

年齢的にもちょっと「引退」の文字がチラついているから、
そういう意味でも今回のKYOKUGEN2016は
見応えがありますね。

関連情報

KYOKUGEN2016対戦カードやチケット情報!魔裟斗vs五味隆典の勝敗は?

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。