村田諒太のリーチの長さや嫁が壇蜜似と話題!ランキンやその強さは本物か!?

プロボクサーの村田諒太選手はみなさんご存知ですか?
一躍その名前が日本中に広まったのは、
ロンドンオリンピック金メダルをとった時ですね。

それまで日本ではあまり馴染みのなかった
オリンピックでのボクシング競技が
一気に認知されるようになりました。

陰ながら私はオリンピク競技に
ボクシングがあることすら知りませんでした。

ということで今回は
村田諒太選手のwikiプロフィール)はもちろんリーチの長さや、
壇蜜に似ているというので
ちょっと比較してみたいと思います。

そして世界ランキングを確認しながら、
その強さは本物かを検証してみたいと思います。

Sponsored Links

村田諒太のwiki(プロフィール)をチェック

基本情報
・本名:村田 諒太(むらた りょうた)
・階級:ミドル級
・誕生日:1986年1月12日
・出身地:奈良県奈良市
・出身高校:南京都高等学校
・出身大学:東洋大学経営学部経営学科
・スタイル:オーソドックス
・所属:帝拳ボクシングジム
引用:https://goo.gl/XmFSA7

出典:https://goo.gl/ktBKA6
出典:https://goo.gl/ktBKA6

ご両親は2人とも公務員で、
3人兄弟の末っ子だそうです。

これだけ聞くとちょっと裕福な家庭を想像しますが、
実は村田選手の家庭は崩壊していて、
小学6年生の時にはご両親が離婚したそうです。

しかしなぜか離婚後も同居しているそうで、
ちょっと複雑な環境で育ちました。

村田諒太がボクシングを始めたきっかけは?

小さい時から背が高く、
恵まれた体格だったので、
中学校では陸上部に所属し1500メートル走で
奈良市大会4位に入ったこともありましたが、
複雑な家庭のせいでやる気が出ず、
陸上そう早々にやめてしまいました。

ある時髪の毛を金髪にして登校したら、
担任の先生に呼ばれ、
おまえ、なんかやりたいことはないんか」と聞かれ、
ボクシングやったら、やるわ」と答えたのが、
ボクシングを始めるきっかけとなったそうです。

中学生から髪の毛を金髪って…
かなりやんちゃしてた頃もあったようですね。

ただしそんな安易な気落ちで決めた将来の道は
長続きするわけもなく、
練習が辛かったり、怪我をしたりで、
なかなか長く続けることができませんでした。

しかし高校に進学すると、
メキメキと実力をつけ、
なんと高校生で5冠を達成してしまいました。

大学に進学すると2004年に全日本選手権初優勝
2005年にはキングスカップに出場し銀メダル
同年アジア選手権で銅メダル

徐々にですがその存在感をあらわにしてきました。

出典:https://goo.gl/efHi8F
出典:https://goo.gl/efHi8F

その後は1回線で敗退することもありましたが、
どうも緊張しいのようで、
頑張れと言われるほど緊張してしむそうです。

そして2012年のロンドンオリンピックで見事金メダル
順調ではありませんでしたが、ようやく掴んだ栄光です。

高校時代のボクシングの恩師、
武元前川監督の夢でもあったオリンピック選手を育てることだったので、
金メダル獲得は村田選手相当嬉しかったと思います。

出典:https://goo.gl/dUjANZ
出典:https://goo.gl/dUjANZ

その後は皆さんの知っている通り、
アマチュアからプロに転向。
しかもプロではまだ負けなしなんですよ。

そこでアマチュア時代とプロでの戦歴を見てみましょう。

・アマチュアボクシング:138戦 119勝 (89KO・RSC) 19敗
・プロボクシング:11戦 11勝 (8KO) 無敗

アマチュアでもそこまで負けていないのが、
さすが金メダリストていう感じですね。

★プロでの戦歴は以下の通りです。

・2013年8月24日 vs柴田明雄(ワタナベ)/結果:2R 2:24 TKOで勝利
・2013年12月6日 vsデイブ・ピーターソン/結果:8R 1:20 TKOで勝利
・2014年2月22日 vsカルロス・ナシメント/結果:4R 0:43 TKOで勝利
・2014年5月22日 vsヘスス・アンヘル・ネリオ/結果:6R 2:35 KOで勝利
・2014年9月5日 vs アドリアン・ルナ/結果:10R 判定3-0で勝利
・2014年12月30日 vsジェシー・ニックロウ/結果:10R 判定3-0で勝利
・2015年5月1日 vsダグラス・ダミアオ・アタイデ/結果:5R 0:38 TKOで勝利
・2015年11月7日 vsガナー・ジャクソン/結果:10R 判定3-0で勝利
・2016年1月30日 vsガストン・アレハンドロ・ベガ/結果:2R 2:23 KOで勝利
・2016年5月14日 vsフェリペ・サントス・ペドロソ/結果:4R 2:50 TKOで勝利
・2016年7月23日 vsジョージ・タドーアーニッパー/結果:1R 1:52 TKOで勝利
引用:https://goo.gl/bkOLA6

村田諒太のリーチの長さは何cm?

身長:182cm
リーチ:183cm

引用:https://goo.gl/XmFSA7

村田選手はミドル級です。
身長からリーチの長さの関係を見ると、
まぁまぁ普通の長さだと思います。

しかし村田選手は
陸上仕込みのスピード武器なんです。

日本人特有の初速の早さですね。
これを武器に村田選手はプロでも
負けなしの成績を収めているんです。

中学生の時に陸上やっといてよかったですね。
ボクシングで活きてくるとは思いもしませんもんね。

村田諒太の嫁が壇蜜に似てると話題

さてさてここでちょっと村田選手のことは置いといて、
ネト上では嫁さんが壇蜜に似ていると話題になっています。

私もロンドンオリンピックで
村田選手に駆け寄り抱きつく、
当時は彼女だった嫁さんを見て
同じことを思いましたので、
ちょっと比較してみたいと思います。

出典:https://goo.gl/YwtC5B
出典:https://goo.gl/YwtC5B

お!っと
彼氏が金メダルとったもんだから
はしゃいでますね〜

でも似てますね〜

壇蜜のれっ…
それ以上は言いますまい。

言いますまい!!

あ〜でも嫁さんは京大出身のエリートなんですって!
しかもかなりのお嬢様。

名前は佳子さんといいます。

ネットで検索すると、
痛い」「うざい」と一般の人が見たら、
かなり落ち込みそうなワードが出てきました。

最終的には「村田諒太」でもヒットします。

これに見かねた村田選手は
嫁に一括したそうです。

嫁さんの佳子さんはちょっと調子にのるタイプみたいですね。

村田諒太のWBCミドル級世界ランキングは何位?

レギュラー王者:ジェナディ・ゴロフキン(カザフスタン)
シルバー王者:空位
1位:セバスチャン・ヘイランド(アルゼンチン)
2位:クリス・ユーバンク Jr. (英国)
3位:イフゲニー・キトロフ(ウクライナ)
4位:デビッド・レミュー(カナダ)
5位:アンディ・リー(英国)
6位:村田 諒太(帝拳)
7位:アフタンディル・クルツィゼ(ジョージア)
8位:カーティス・スティーブンス(米国)
9位:セルゲイ・デレイビャンチェンコ(ウクライナ)
10位:マチエ・スエンツキ(ポーランド)
11位:ピーター・クイリン(米国)
12位:ドワイト・リッチー(豪州)
13位:ウィリー・モンロー Jr. (米国)
14位:マット・コロボフ(ロシア)
15位:ブライアン・ローズ(英国)
引用:https://goo.gl/gdZGYo

現在村田選手は6位。

今後上位の選手とも闘っていくことになると思うので、
その試合は必ず見たいと思います。

どこまでいけるかこれからの村田選手が楽しみですね。

村田諒太の強さは本物か!?

上から読んでいただければ、
村田選手がどれだけ強いかが
わかっていただけるとお思いますよ〜。

ロンドンオリンピックで金メダルを取って、
その後プロに転向したあたりで、
私も村田選手って本当に強いの?って思いました。

しかしプロ転向後の戦歴を見てもらえれば
もう一目瞭然だと思います。

持ち前のスピードを生かして、
全戦全勝!

もうそんな疑問も吹っ飛んじゃいましたよ!

そうそう2016年12月30日(金)に
フジテレビ系列で「ボクシングフェス2016」が
夕方6時から放送され、
村田選手も戦うので是非見てみてください。

まとめ

今回はロンドンオリンピックで
ボクシング競技で金メダルを取った
村田諒太選手を紹介してみました。

村田選手の幼い時は家庭環境が悪く、
かなりやんちゃだったそうです。

中学でボクシングを始め
最初は練習がきつくて1回引退したり、
また続けようと練習に行ったら怪我したりで、
なかなか思うようにいかなかったようですが、
高校からはメキメキと上達し5冠を達成。

大学での頑張りがオリンピックで
金メダルをもたらしてくれました。

嫁さんはちょっと調子に乗っちゃうタイプで、
1人でテレビに出演したりして、
ネットでは「痛い」「うざい」と書かれていますが、
村田選手に一喝されてからはおとなしくなりましたね。

もう一度言いますが、
2016年12月30日(金)に
フジテレビ系列で「ボクシングフェス2016」が
夕方6時から放送され、
村田選手も戦うので是非見てみてください。

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。