2017年ガソリン価格の今後を予想!原油高騰の理由はNY原油先物にあり!

2016年始めはアメリカのシェールオイルの大幅な増産により原油価格が大幅に下がりました。

しかし一時レギュラーガソリン価格が約100円くらいになった後また上昇し始めて、
2016年の12月現在では約120円くらいの推移を保っています。

ここではこの理由を踏まえて、2017年の原油価格の推移をなるべくわかりやすく解説や、予想をしてみたいと思います。

Sponsored Links

2016年後半にガソリン価格が上昇した理由

2016年10月20日、ワシントン— 世界銀行は、これまで長期にわたり生産量に上限を設けてこなかった石油輸出国機構(OPEC)が事実上の減産に向け動き出そうとしている事を受け、2017年の原油価格見通しを1バレル当たり53ドルから55ドルに引き上げた。
引用:https://goo.gl/Ds5Ahc

出典:https://goo.gl/PqOaWc

簡単に言うと、2015年始めごろまで、原油を掘り出しすぎて価格が下がっていたってことです。

野菜や他の商品を例えにするとわかりますが、作りすぎてどこにでもあり、買う競争が起きて値段が下がるってことです。

世界は需要と供給で成り立っていて、その供給が増えすぎちゃったってことですね。

だから今まで上限を決めていなかった原油の採掘の量を少し抑えて、原油価格を上げましょうってことをしたんです。

だから2016年の中頃から急に値下がりがストップしたんです。

原因はアメリカのシェールガスの輸出が解禁になったことが原因です。

★シェールガスって何?

シェールガスとは、頁岩(シェール)層から採取される天然ガス。
アメリカ合衆国では1990年代から新しい天然ガス資源として重要視されるようになった。
引用:https://goo.gl/0rnfHD

出典:https://goo.gl/0rnfHD

天然ガスは輸出が禁止されているので、液体の状態にしてから輸出されています。

アメリカでは今後200年から250年分の貯えがあるとして、注目が集まっている新しい天然資源なんです。

しかし近年のシェールガス革命で生産量が増加する中価格が下落してしまい、破産に至る企業も出てきたため、シェールガスの経済性や採算性について疑問視されています。

原油価格の現状をチェック

さて一番気になるのが2017年は原油価格がどうなるのか。

それによってレギュラーガソリンの価格も変動してくるから事前にチェックしておきたいですね。

原油価格を見極めるのに最も一般的なのは、ニューヨーク商業取引所のNY原油先物(WTI)です。
NY原油先物(WTI)のチャートを見てみましょう。

出典:https://goo.gl/RPl1uY

2016年の原油価格は現在安定的な水準と言えるでしょう。
これは中国の景気後退により需要が減ったのと、やっぱりシェールオイルの輸出解禁が背景とされています。

2016年11月にOPEC総会で減産に合意し、12月にはロシアなどのOPECに非加盟の国との
協調減算が15年ぶりに決まったことが原因です。

★2017のガソリン価格はどうなるの?

次の表は1週間単位のNY原油先物(WTI)チャートになります。

出典:https://goo.gl/RPl1uY

ここからはFXや先物取引をしていない方にはちょっと難しい話になりますが、できるだけわかりやすく解説したいと思います。

出典:https://goo.gl/RPl1uY

2016年2月を「頭」と見ると2015年8月と2016年8月が「肩」になります。
このような状態を「ヘッド&ショルダー・ボトム」と言い、2017年以降は新しいトレンドが生まれやすくなる可能性が高いと考えます。

そうなると2017年の原油価格は上昇するのではないかと予想します。

Sponsored Links

原油価格がもたらすメリットは?

されそれでは原油価格がもたらすメリットっていったいなんなんでしょうか。

★原油安の場合

原油が使われる商品や製品は安いコストで生産できることから、そういったもののか価格が下がる傾向があります。

・船や飛行機などの輸送費が安くなる
・合成ゴム、衣類などに使われるポリエステルが安くなる
・火力発電の消費燃料低下
・自動車メーカー
・タイヤ関連企業

★原油高の場合

消費者にはあまりいいことがないのが現状です。
どちらかというと経済的なメリットの方が大きいですね。

・資源関連企業
・タ非鉄金属企業
・プラント関連企業

あとは株式市場まで入れると、原油がかはインフレ策が有効となり株高に繋がります。

実生活の中ではどうしても原油安の方が、何かと一般的には恩恵があるように思えますが、自動車メーカーやタイヤ関連企業が恩恵を受けるとなると、車の価格やタイヤの価格にも当然反映されるので、そこまで大きくは変わりませんが、多少そういった価格が下がると思います。

まとめ

2017年の原油価格はこれから上昇傾向にあると思います。
下がることはあまりないとは思いますが、経済的な何か大きなことが起これば下がると思うし、こればっかりは何とも言えませんね。

個人的な意見としては、NY原油先物(WTI)のチャートを見て、2017年は上に上がると見せかけてずっと横ばいだと予想します。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

コメント

  1. より:

    内容はともかくちゃんと漢字変換と誤字脱字をチェックしたら?
    読み難くて仕方ない。

    • bolongerlab より:

      コメントありがとうございます。
      昔書いた記事もちゃんと見直さないといけませんね。
      ご指摘ありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。