「カリ・シラット」とは?ドラマや映画にも採用される話題の武術!

最近アクション系のドラマや映画で取り入られている「カリ・シラット」って知ってます?
何でも、出演する俳優さんを訓練させて、臨場感や迫力を出すために使われている武術だと言いますが、具体的にはどんなものなのでしょうか。

カリ・シラット」の歴史や採用されているドラマや映画も一緒に紹介したいと思います。

関連情報

http://bolonger-lab.com/2596.html

Sponsored Links

「カリ」の歴史や起源を紐解く

出典:https://goo.gl/HjanMz

カリ(Kali)とは、エスクリマ(Eskrima)と呼ばれているフィリピンの武術の名前で、アーニス、アルニス(Arnis)と呼ばれることもあります。

棒やナイフ、紐などの武器を使う武術で、公式にフィリピンの国技にもなっていて、学校の体育の時間に取り入れらるほど、フィリピンでは広く広まっていて、国体の正式種目にもなっているそうです。

「カリ」の特徴は武器や素手での技術が共通していて、同じような動きでいろんな武器が使える点
で、武器を持っている相手に素手で対応出来る技術が特徴です。

もともとはフィリピンのそれぞれの部族ごとでいろんな武術がありましたが、それらはすべて、貿易によって立ち寄ったアラブ人に教わったもので、マゼランが上陸した際には矢や竹槍、棍棒や刀などを使っていたことが確認されています。

16世紀に入り、スペイン軍が上陸した際には、これらの武器で戦ったと伝えられていて、スペインに統治されてからは、スペイン独自のフェンシングから大きな影響を受け、名前だけでなく、攻撃用の長い剣と防御用の短い剣の二刀流で叩くスタイルが定着してきました。

アーニスやアルニス、エスクリマと呼ばれるのはスペインからの影響だそうです。

その後支配がアメリカに移ると、フィリピンからアメリカに移った移民によって、これらの武術がアメリカに伝えられ、今ではアメリカ軍やFBIでも部分的にこの武術が取り入られています。

 

「シラット」の歴史や起源を紐解く

出典:https://goo.gl/uWALfx

東南アジアで行われる伝統的な武術で、今はマレーシアやインドネシア、シンガポールやブルネイ、ベトナムで盛んで、特にインドネシアでは地域によって500以上の流派があり、技術的にもかなり違いがあるそうです。

シラットには「稲穂の教え」や「5つの誓い」という基本思想があり、簡単に言うと人にう優しく、自分に厳しい教えがあります。

★稲穂の教え(イルム・パディ)
鍛練を積むに従って礼節や他人への思いやりを身に付け、心豊かに生きる事を理想とする基本思想。

★5つの誓い
・崇高な精神と品格を備える
・同胞を尊敬し、友愛と平和を守る
・常に前向きに考え行動し、創造性と力強さを持つ
・真実、公正、正義を守り、試練や誘惑に立ち向かう
・常に自身の言動に責任を取る
引用:https://goo.gl/uWALfx

シラットの歴史は詳しいことはまだわかってはいません。しかも具体的な起源を示す書物があったり記録が残ってはいませんが、6世紀頃にはシラットの起源となるものが確認できるそうです。

主には王国の兵士の訓練に用いられたそうで、東南アジア一帯では同系統の技法や武器、用語が存在していて、マジャパヒト王国時代にシラットの元になった武術が東南アジア各地に広まったと考えられています。

その後オランダの進行でその侵略が終わるまではシラットは全面的に禁止され、その後、第二次世界大戦時に日本の侵攻によってシラットを再び広め、そこでは簡単に習得が可能な「近代シラット」という体系を作り、広めたと言います。

シラットには精神を鍛えるという意味もあり、呼吸法や瞑想など、修行を通して精神統一を行うことで集中力を養い、気の力の習得を目指す目的もあります。

シラットは競技としても確立されていて、オリンピック競技への種目採用を目指しているそうです。

Sponsored Links

 

「カリ・シラット」が採用されているドラマや映画を紹介

私は最近この武術を知ったので、この「カリ」や「シラット」が取り入られているドラマや映画はそこまで多くはありませんが、見てみる価値はありそうですね。

★ドラマ

・SP 警視庁警備部警護課第四係(2007)[岡田准一]
・CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(2017)[小栗旬・西島秀俊]

脚本家の金城一紀さんの作品ではよく「カリ・シラット」が採用されていることで有名ですよね。特に岡田准一さん主演「SP」で注目されていたのを覚えています。

SPっていうのは、もともと金城一紀(かねしろかずき)さんのーー作家の金城一紀さんと、
こう・・アクションのスタンダードなものを作ろうよって誘っていただいてーーそれはもう、3年
ぐらい前になるので。そっからもう2人でずっとやりましょうって言い合ったものが形になった
ものと、家(ウチ)で・・何だろう・・いっぱいビデオ観てーー※“コマンドサンボ”とか“カリ”
とか“クラヴ・マガ”とかのビデオを金城さんが持ってきて、2人で(アクションの)研究をして
きたとか、あるわけですよーー

習得するまでにはかなり時間がかかったみたいですね。今回の小栗旬さんと西島秀俊さん主演のCRISIS(クライシス)でもかなり訓練したそうなので、見応え十分な作品になっていると思うので楽しみですね。

★金城一紀のwiki(プロフィール)をチェック

出典:https://goo.gl/Yjpfa6

基本情報
・生年月日:1968年10月29日
・生まれ:埼玉県 川口市
TV・映画
・SP警視庁警備部警護課第四係・フライ ダディ・SP・野望篇・ GO
受賞歴
・日本アカデミー賞 話題賞 作品部門
単発作品
・GO(2000)
・対話篇(2003)
・映画篇(2007)
ゾンビーズ・シリーズ
・レヴォリューションNo.3(2001)
・フライ,ダディ,フライ(2003)
・SPEED(2005)
・レヴォリューションNo.0(2011)
脚本・メディアミックス原作
・SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ
・BORDERシリーズ
引用:https://goo.gl/4EfFZA

★映画

・ザ・レイド(2012)[イコ ウワイス]
ギャレス・エヴァンス監督・脚本、イコ・ウワイス主演による2011年のインドネシアの格闘技アクション映画。
麻薬王が支配する高層ビルを舞台に、強制捜査に入ったSWAT部隊と、迎え撃つギャングたちとの戦いを描く作品です。

 

日本における「カリ・シラット」とは?

「カリ」と「シラット」はそれぞれ東南アジア系で広く伝わっている武術。ドラマや映画、そして習い事としてこの武術は、それぞれのいい所をとって、日本に伝わってきています。

それほど有名ではありませんが、少しずつその人口を増やしてきていますね。「カリ」や「シラット」を習いたいと思っている人の中には「ジークンドー」も一緒に習っている人もいて、「護身術」という意味合いで習う人が多いと思います。

 

まとめ

いろいろ調べてみると「カリ」はフィリピン系の武術、「シラット」はインドネシア系の武術だということがわかりました。

大げさな動きやアクションではなく、どちらかというと実践的な武術なので、シリアスなシーンには合っていると思います。

それにしてもCRISISが楽しみですね。

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。