「Android O」Xperiaへの搭載はいつ?新機能や不具合への対応は?

先日Googleが次期モバイル向けの新OS「Android O」を発表し、プレビュー版を公開しました。

現在のバージョンは7.0「Android Nougat(ヌガー)」が標準ですが、その名前にはいつも可愛らしいお菓子の名前が付けられていることもあり、ネット上では、その「O」の付くお菓子の名前に注目が集まっています。

そこでここでは「Android O」のXperiaへの標準搭載はいつからなのか。
そしてその新機能や不具合や改善方法までも調査してみたいと思います。

そうそういきなり忘れてましたが「O」の付くお菓子もいろいろ調べてみたいと思います。

Sponsored Links

新モバイルOSの「Android O」新機能を紹介

・他のアプリを使いながら動画を閲覧できる、
 ピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)機能
・Adobe RGBやProPhoto RGB、
 DCI-P3などのより広い色域への対応
・通知をあとで表示するスヌーズ機能
・端末に合わせたアイコンデザインの変化、
 さらにエフェクトやアニメーションも!
・特定のアクションを指定したショートカットの作成
高音質なLDAC codecへの対応
バッテリー性能の向上

まず一番気になるのはバッテリー性能の向上ですね。少しずつですがバージョンが上がるごとに改善はされていますが、基本はスマホ自体のバッテリーの容量ありきだったので、OS事態でどこまで改善が望めるか注目です。

あとは音質でしょうね。
ワイヤレス経由でのハイレゾ音質の向上が気になるところ。

OS事態でどこまで改善できるかが注目となっています。

「Android O」xperia標準搭載はいつから?

現在はまだプレビュー版が公開されたばかりなので、今度Android Oは、DP1、DP2、DP3、DP4、と内部のバージョンを上げていき、2017年の7月~9月あたりにリリースになるそうです。

そしてパブリックベータ版は5月~6月に公開されます。

Xperia時代にもこのタイミングで標準搭載されるでしょう。

今から待ち遠しいですね。

追記:最新OSの開発にはソニーモバイルも深く関わっていた

The VergeがGoogleのスポークスマンの発言を伝えたもので、これによると、ソニーモバイルはAndroid Oの開発プロセスにおいて30以上の新機能、250以上のバグ修正に貢献したとのこと。
引用:https://goo.gl/JoKKv2

この記事によると、特に、ワイヤレス経由でのハイレゾ音質の向上に貢献したとされています。LDACはBluetoothで高音質を楽しめる技術で、なんと従来の3倍以上のデータを転送できるようになったそうです。

ただしこのLDACは高級なヘッドフォンやスピーカーでないとその違いがわからないという意見もあり、実際にどうなるかは不明。

となると、LDACを楽しみたいのであればXperiaが一番いいのかもしれませんね。

Sponsored Links

新モバイルOSの「Android O」不具合の改善方法は?

どうしても新しいOSへアップデートすると不具合はつきものです。
まぁもともとは新しいOSに対応するように作られている機種ではないので、ある程度は仕方なありません。

まずはパブリックベータ版でいろいろ出そうですね。

新モバイルOSの「Android O」の「O」の付くお菓子は?

さてさて、いつも話題になっているAndroidのOSのお菓子の名前。今回は「O(オー)」ということなので、いくつか挙げてみたいと思います。

・Oreo(オレオ)

オレオしかでてきません。
多分オレオでしょうね。

ちなみに今まではこんな感じでした。

・Cupcake (1.5)
・Donut (1.6)
・Eclair (2.0, 2.1)
・Froyo (2.2)
・Gingerbread (2.3)
・Honeycomb (3.0, 3.1, 3.2)
・Ice Cream Sandwich (4.0)
・Jelly Bean (4.1, 4.2, 4.3)
・KitKat (4.4)
・Lollipop (5.0, 5.1)
・Marshmallow (6.0)
・Nougat (7.0, 7.1.1)
引用:https://goo.gl/ZFUMrW

まとめ

ということで今回は新しいAndroid OSについて調べてみましたが、まだまだプレビュー版ということもあり、これからがいろいろ公開されていくと思うので、ここでも追記していきたいと思います。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。