葛西紀明の高校や嫁が可愛いと話題!カツラ疑惑や平昌五輪で引退の噂も!

地方の桜はまだまだこれからですが、雨が続いているのがちょっと気になりますね。2017年の桜の満開は4月10日以降になりそうです。
春の桜とは正反対ですが、ここでは冬の話をしていこうと思います。
2018年に平昌五輪が開催されますが、個人的に?いやいや日本中が注目するであろうスキージャンプのレジェンドと呼ばれている葛西紀明選手もここで改めて注目してみたいと思います。

葛西選手のwiki(プロフィール)はもちろんですが、出身高校が可愛いと話題になっているのでチェックしてみたいと思います。

そして「葛西紀明」と検索すると出て来る「カツラ」というキーワードも気になりますが、年齢が年齢だけに「引退」の文字は隠せないと思うので、個人的な見解を書いてみようと思います。

Sponsored Links

葛西紀明のwiki(プロフィール)をチェック

‹âƒƒ_ƒ‹‚ðŽè‚ɏΊç‚ðŒ©‚¹‚銋¼‹I–¾”ђːWˆêŽB‰e

・名前:かさい のりあき
・生年月日:1972年6月6日
・愛称:NORI・カミカゼ・レジェンド
・誕生日:1972年6月6日(44歳)
・出身地:北海道上川郡下川町
・身長:177cm
選手情報
・クラブ:土屋ホーム
・使用メーカー:フィッシャー
・最高記録:240.5 m
ワールドカップ
・シーズン:1989年〜
・優勝回数:17回 (+団体3回)[1]
・他の表彰台:46回 (+団体14回)
表彰台獲得数:63回 (+団体17回)
引用:https://goo.gl/QzrtI8

結婚前の家族構成は、お父さん、お母さん、姉と妹がいる5人家族の長男として生まれていきました。
1997年に火災で母親を亡くしていて、は1993年に難病と言われている再生不良性貧血を患い、臍帯血治療でその難病を克服したと思われましたが、2003年の結婚後2013年に再発。
2016年に亡くなってしまいました。

葛西さんは妹の病気を案じて、再発してからはシーズン中にも関わらすお見舞いに行ったり、インタビューでも「妹のために」が口癖でした。

長野冬季オリンピックでは、日本代表に入ることができず、かなり悔しい思いをしていたそうです。そして2014年に行われたソチオリンピックでようやくラージヒルの個人と団体で、銀と銅メダルを獲得することができました。

ようやくオリンピックで活躍することができて、当時はもうかなり注目されてましたよね。

年齢を感じさせないスタイルはまさにレジェンドでしたね。

葛西紀明の出身高校はどこ?

葛西選手は東海大四高校から地崎工業、マイカルを経て現在は土屋ホームに選手兼任監督として所属。2005年度日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーンのシンボルアスリート制度適用選手。
引用:https://goo.gl/QzrtI8

ということで出身高校は東海大四高校だということがわかったんですが、現在は東海大学付属札幌高等学校と名前が変わっています。
偏差値はというと総合進学が49、特別進学が58だそうで、葛西選手がどっちを選択していたかはわかりませんが、どっちにしても当時と今とでは多少偏差値も変わっているかもしれませんね。

まぁ普通ってことにしときましょう。

葛西紀明の嫁が可愛いと話題!

葛西選手の嫁の名前は旧姓、張磨怜奈(はりま れいな)さんっていう方らしいですね。

以前、自身の持つW杯史上最年長優勝記録を更新した時、テレビカメラに向かって、「やったぞー!レイチェルー!!」と叫んでましたね。

どうやら普段もレイチェルって呼んでるみたいですね。

怜奈さんの年齢は2017年現在で31歳だそうで、なんと12歳差なんだとか。
こりゃもう犯罪ですわ!

うらやまし〜!

まぁ加藤茶さんには負けますけどね。
近いとこでいうと、三浦皇成&ほしのあきが14歳差ですね。

あ!そうそう、顔ね!

基本的には一般の方なので、顔出しはNG

こんな画像しかなかったんです。

角隠しから見せる顔がよくわかりませんが、なんとなく綺麗な感じがしますね。

イラストではこんな感じ。

世間的には、きっと綺麗な人なんだろうなぁという意見ばかりですが、あとは想像に任せるしかないみたいですね。

葛西紀明にカツラ疑惑ってマジ?

葛西紀明」と検索すると出て来る「カツラ」というキーワード。

昔の写真を見てみると、こんな髪型にしていた時もあったみたいですね。

結構剃り込み入ってますね。
となると、現在は後ろまで行っちゃってる?

現在はこんな感じ。
もともと毛が細くて、おでこが広いせいで、カツラと疑われていたかもしれませんね。
葛西選手はカツラではありませんでしたが、気をつけないと、どんどん後ろまで進行して、ハゲしいな桜井君みたいになっちゃいそうですね。

顔はいいけどハゲ!
ロンドンにたくさんいそうなイメージですね。

Sponsored Links

葛西紀明が平昌五輪で引退するかもってマジ?

気持ちは若くても体は正直に反応するもの。
葛西選手は現在44歳。
スポーツ選手としてはとっくに引退していてもおかしくない年齢です。

45歳以上のアスリートというと、サッカーの三浦知良(48)くらいです。
プロ野球界の“レジェンド”と言われた中日の山本昌投手(50)やテニスのクルム伊達公子(45)も引退しちゃいましたからね。

いろんな選手が引退していく中で葛西選手は、

れでも残された“レジェンド”として、「いろんなスポーツを盛り上げていくのは、僕みたいな選手が頑張ることだと思う。これからアラフォーになっていく選手が諦めずに頑張ろうと思えるような選手でいたい」と、決意を新たにしていた。
引用:https://goo.gl/IzJXjJ

葛西選手も頑張って欲しいところなんですが、2018年には平昌五輪があり、個人的には引退する絶好のタイミングだと思うんですよね〜

しかし世間では50歳引退説が流れているんです。

ノルディックスキー・ジャンプの葛西紀明(42=土屋ホーム)の「50歳引退」説が現実味を帯びてきた。
「(2026年の)札幌オリンピックも招致している。54歳まで、もう4年間は頑張りたい」と宣言し、約500人の関係者を喜ばせた。
引用:https://goo.gl/sXMM9m

2026年に札幌冬季オリンピックが正式に開催されることはまだ決まってはおらず、札幌市も少し冷やかな感じだそうです。
目標にするのなら2030年開催に向けて回手を挙げておく感じみたいですね。

でも続けて欲しいのはそうなんですが、年齢を考えると引退してもおかしくないのが現状なんですよね。

最後であれ、現役続行であれ、平昌五輪では「金メダル」目指して頑張って欲しいですね。

でも金メダルとったら本当に引退かもしれませんね。

まとめ

というこおで今回は葛西紀明選手について改めていろいろ調査してみましたが、2018年の平昌五輪後の進退がきになるところですが、まずは平昌五輪で金メダル目指して頑張って欲しいですね。

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。