芸能界の所属事務所が倒産したらタレントの今後はどうなるの?

ネットでこんなニュースが舞い込んできました。

地方のテレビ局や結婚式の司会等で活躍するタレントなどが所属していた芸能事務所、タレントユニオンが破産

(有)タレントユニオンは、4月26日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は上村哲史弁護士。債権届け出期間は5月31日まで。

(有)タレントユニオは、1999年(平成11年)2月に芸能プロダクション経営を目的に設立。一時は約50名のタレントを抱え、俳優ではなくほとんどがキャスターやレポーター等であるのを大きな特色として、地方のテレビ局や結婚式の司会等で活躍するタレントなどが所属していた。

しかし、東日本大震災後のイベントキャンセルなどで業績が悪化するなか、借り入れ負担が重荷となっていた。

この間、赤字計上が続くなか、2015年中には実質的な活動を停止していた。

負債は債権者約43名に対し約8000万円。

引用:https://goo.gl/QlY3Q4

これ、所属じていたタレントさんはどうなっちゃうんですかね?

芸能界の所属事務所倒産したらタレントの今後はどうなるんでしょうか?

ほんと素朴な疑問ですが調べて見ました。

Sponsored Links

芸能界の所属事務所が倒産したらタレントの今後はどうなるの?

Sponsored Links

以前、芸能事務所の「メインキャスト」が倒産した時の鼠族していたタレントのツイッターです。
みなさんそれぞれ、新しい事務所にお世話になったり、中にはこの際だかたとフリーへ転身する肩まで様々です。

そして今回は(有)タレントユニオンが倒産してしまいましたが、タレント数は45名で、そのほとんどがキャスターやリリポーターだと言います。

  • 半田あい
  • 桐島瑞希
  • 井上英里香
  • 仁科美咲
  • 堀江政史
  • 木村一紀

主な方は上記の方々です。

法律的には、基本的に会社が倒産したら、社員はその日から失業です。
取締役だの重要な役職についている場合は責任問題も出てくることがありますが、そうでなければ、その日から職探し。

当然失業保険は出ますが、会社で働いていたほど支給されることは難しく、新しい会社をいち早く探した方が懸命です。

中には社長や会長が気を利かせて、受け入れ先を探してくれている場合もありますが、そんな良心的な会社はそうはありません。

当然退職金なんて出るはずもなく、もし前もって倒産がわかっていれば、即座に会社を辞めてきっちり退職金をいただきましょう。

これは芸能界でも一般企業でも一緒で、会社が倒産した日から無職。

収入の見込みのある芸能人は受け入れ先が決まりやすいですが、そうでない方は、自分で探さなければならなくなります。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。