足立の花火2017交通規制の時間帯は?穴場の駐車場や混雑情報も確認!

足立の花火2017が開催されることが決定しました〜。

今年で39回目を迎える「足立の花火」ですが、お仕事をされている方にとっては、ちょっと迷惑なイベントですよね〜。

いつもの道が使えなかったり、いつもの時間に行けなかったり。

そこでここでは足立の花火2017当日にお仕事をされている方のためにまずは交通規制時間帯をチェックしてみたいと思います。

そして、お仕事だけどその日は早めに切り上げて同僚やお友達と一緒に花火大会に出かけるという方のために穴場の駐車場混雑状況を確認してみましょう。

Sponsored Links

足立の花火2017の日程を確認

出典:https://goo.gl/ehQCVU

  • 日 程:2017年7月22日(土)
  • 時 間:19:30~20:30
  • 場 所:東京都足立区 / 荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

引用:https://goo.gl/LwoxWi

打ち上げ場所は西新井橋の野球場のとこですね。

2017年で第39回を数える足立の花火ですが、約100年の歴史を持ち、「夏の花火は足立から…」をテーマに東京でその年最初に打ち上げられる花火として開催されています。

東京近郊はあまり花火を打ち上げられる場所が限られていて、ここ足立区でも荒川で凝縮された花火が1時間に1万2000発も打ち上げられるんです。

荒川には広めの土手があるので、皆さんそこで花火を見るのが恒例みたいですね。

2016年の総動員数は63万人と関東でも3本の指に入るほどの人気花火大会です。

足立の花火2017交通規制の時間帯は?

まずは、こんな花火大会の最中もお仕事ご苦労様です。

車で営業に出たり、荒川近くでお仕事されたりしている方にとっては迷惑なイベントですが、交通規制時間帯をチェックしておけば、かなりスムーズに仕事ができると思いますので、事前にチェックしておきましょう。

出典:https://goo.gl/xhqqU5

梅田近辺はほとんど通行禁止ですね〜。

間違ってその中の駐車場に停めたりしたら大変なので、事前にチェックしておきましょう。

ちょっと休憩で寝ていたらいつのまにか出られなくなったなんてこともあるかもしれません。

通行禁止は午後6時からってなってますが、その日はお昼前から人が多くなってきます。

どうしてもこの日でなければいけないって人以外は、次の日は前日に用事を済ませた方がいいですね。

足立の花火2017の穴場の駐車場を紹介

自転車用の駐輪場ならいくつか用意されていますが、足立の花火では駐車場は用意されていません。
だからと言って交通規制のかかっているエリア内に駐車するのは避けた方がいいですね。
そして北千住駅近くの駐車場も混みますので、ここでは穴場の駐車場を紹介したいと思います。

タイムズ町屋第11

全日料金

  • 駐車後24時間/最大料金800円

通常料金

  • 08:00-20:00 60分 300円
  • 20:00-08:00 60分 100円

やっぱりタイムズの駐車場は安いですね。

1日の最大料金が800円なので昼間から出かけてもいいかもしれません。

近いとはいえ、わざわざ交通規制がかかっているど真ん中に駐車する意味もないですから、荒川までは少し歩きますが苦にならない程度なので、こういう場所に駐車してもいいかと思います。

Partner 〇〇5丁目パーキング

最大料金

  • 昼間:1,200円
  • 夜間:300円

通常料金

  • 08:00-20:00 20分 100円
  • 20:00-08:00 60分 100円

〇〇の部分が調べてもわかりませんでしたが、ここはコインパーキングらしいですね。
ネットでも登録されていないようなので穴場かと思います。

エコロパーク

全日料金

  • 駐車後24時間/最大料金1000円

通常料金

  • 08:00-20:00 40分 200円
  • 20:00-08:00 60分 100円

ここもネットでは載っていない駐車場です。

地図で検索していたらたまたま出てきたのですが、意外とお得な駐車場でびっくり。
荒川からも歩けない距離ではないので、散歩も兼ねて行って見るのもいいでしょう。

Sponsored Links

足立の花火2017の混雑状況は?

JR北千住駅

花火大会と言えば人が多く混雑して、それだけで疲れちゃいますよね。

でも人が多いと行っても、ゆとりある行動を心がければそれほど人の多さも苦にはなりません。

多分多くの人が北千住駅を利用するかと思いますが、夕方にかけて花火大会を目的とした人が多く集まってくるので、この花火大会の日だけはお昼過ぎくらいには到着しているようにしましょう。

そうすれば、混雑が避けられゆったりした気持ちで時花火大会を楽しめますよ。

それでも到着がギリギリになってしまった人は、西口から行くのではなく、東口から荒川へ行くことをお勧めします。

東口は花火大会とは逆の方向ですが、人の混雑は避けられます。

みなさん河川敷でブルーシートを引いて花火を楽しんでいますね。
これを見ればどんだけ混雑しているかがよくわかります。

JR北千住駅の終電は何時?(土日)
  • 松戸・取手方面(下り):AM1:02
  • 上野・東京・品川方面(上り):AM0:38
  • 代々木上原方面:AM0:08
  • 松戸・我孫子方面:AM1 04

乗り遅れないようにしっかりチェックしておきましょう。

足立の花火2017のまとめ

ということで今回は足立の花火2017交通規制の時間帯や駐車場や混雑情報も確認してみましたが、当日はかなりの混雑が予想されます。

駐輪場は用意されているようですが、駐車場はありません。

車で行かれる方は事前にチェックしておくことをお勧めしますが、できれば公共の交通機関を利用した方が良さそうですね。

どうしても車で行かれる方は、ちょっと遠くへ駐車しておるいて荒川まで行くといいでしょう。

夏の暑い季節ですから、水分補給を十分にとってなるべく日陰にいるようにしましょう。

なお、上記の駐車場での責任は負いかねますのでご了承ください。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。