神戸マラソン2017交通規制や通過時間を確認!コースの特徴は?

神戸マラソンもそろそって感じですが、そんな時でもお仕事をされている方は多いと思います。

1年に1回と言っても、営業でクライアントに用事があれば行かなきゃいけないし、何かと不便を感じる人も多いと思います。

しかしそうは言ってもせっかくのマラソン大会ですから、楽しみたいって気持ちもありますよね。

だったら神戸マラソン2017交通規制通過時間を確認して、スムーズに仕事をこなしましょう。

ということでここでは交通規制の通過時間はもちろんですが、コースのチェックもしてみたいと思います。

Sponsored Links

神戸マラソン2017の開催日程をチェック!

今年で7回目を迎える兵庫県神戸市で開催されるマラソン大会で、毎年多くの参加者を集めています。

参加者は約2万人で2017年の抽選倍率は3.75倍と参加するのも糸苦労なんです。

しかもその参加人数の多さから2つのブロックに分けて時間差スタートを実施するほど。

交通規制もかなり厳しそうだし、渋滞は必須ですね。

ということで神戸マラソン2017の日程は下記になります。

  • 開催日程:2017年11月19日(日)
  • スタート:朝9時〜午後4時(ウエーブスタート)
  • マラソン:42.195km

出典:

!!!!

こんなに人いるの?

こんなんで走れんの?って思っちゃうレベルですね。

いろいろ調べていたら結構選手のマナーが悪いって記事を見つけましたが、こんな人ならマナーが悪くなるのも頷けますね。

スタート地点への割り込みや、カイロのポイ捨てなんかもあるみたいですね。

運営側がもうちょっと考えてほしいところですが…

神戸マラソン2017のコースの特徴は?

コースMAP

出典:https://goo.gl/P6EMvv

コースの変更点
○ポートアイランド内は、3.8kmから1.3kmに短縮
○折り返しは、無添くら寿司西舞子店とスターバックスコーヒー神戸西舞子店の駐車場を利用

コース高低差

出典:https://goo.gl/P6EMvv

2017年のコースは若干変更になったようです。

変更の理由として市民ランナーからの多数の要望で、神戸大橋を渡り切って、ポートアイランドにはいってから、ゴールするまでの距離が長すぎることらしいですね。

運営側からすると、残り3kmのところで、しおさい公園の形式が最高なんですが、ランナーにとってはそんなこと関係なかったみたいですね。

コースの変更箇所

https://goo.gl/r81JKK

コースの特徴

上記の地図を見てもわかると思いますが、全体的にアップダウンが多く、道幅が狭く、直角コーナーが多いですね。

初心者泣かせで、しかもこれはベテランでも結構厄介なコースと言えます。
コース全体が海沿いなので風の影響をかなり受けると思います。

しかも神戸といっても11月に入れば肌寒く、風の影響で体感温度はかなり低く、体力の消耗が激しいレースになることは間違いないですね。

晴れていればまだ大丈夫ですが、曇っているとより寒く感じるでしょう。

35kmからゴールまでに浜手バイパスの2段階の上り坂が待ち構えています。

Sponsored Links

神戸マラソン2017の交通規制や通過時間を確認!

現在、2017年度版の交通規制の案内は発表されていません。

しかし、コースも大幅に変更されたわけではないので、交通規制も昨年とあまり変わらないと思いますので、とりあえず2016年版の交通規制を参考にしてみてください。

出典:https://goo.gl/gw4kjT

出典:https://goo.gl/gw4kjT

PDF版はコトラからダウンロードしてご覧ください。(1.3M)

また2017年版の詳しい交通規制や通過時間の案内が発表されたら、ここで追記したいと思いますので、少々お待ちください。

神戸マラソン2017まとめ

ということで今回は神戸マラソン当日にお仕事をされている方のために交通規制や通過時間をチェックして見ました。

本当にお疲れ様ですが、事前に通過時間を把握してスムーズな1日を送りましょう。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。