ベストヒット歌謡祭2017観覧募集や日程はいつ?倍率や会場も確認

タイトルの変更や番組内容の変更など時代とともに変わってきた『ベストヒット歌謡祭』。

1970年ごろから始まったこの音楽番組は2017年で半世紀も続く超、超、超長寿番組。

読売テレビが主催し、日本テレビ系列で放送されていて毎年11月に放送されています。

そんな年に1度の音楽祭を実際に観に行きたくないですか?

私は1度は行って見たくて、何度か応募したこともあったんですが、全然当選しません。

m(≧o≦)m

ということでここではベストヒット歌謡祭2017観覧募集日程はいつなのかチェックして見たいと思います。

そして気になる当然倍率や、当選したことを想定して会場も見て見たいと思います。

Sponsored Links

ベストヒット歌謡祭2017の放送日程はいつ?

出典:https://goo.gl/QLs3Tg

冒頭でも触れましたが、ベストヒット歌謡祭が放送されるのは11月に入ってから。

現在まだ2017年の放送日程は発表されていませんが、2016年の放送は11月17日(木)。
2015年は11月19日(木)なので、今年は11月16日(木)かもしれませんね。

翌週の23日木曜日が勤労感謝の日なのでそこで放送されるかな?

と、まだ発表されていませんが、詳しいことがわかりましたら追記したいと思います。

  • 放送予定:2017年11月16日(木)(未定)
ベストヒット歌謡祭2017の司会はだれ?

司会はここ数年、2009年からずっと司会にはウエンツ瑛士さんが勤めているので、今年もその可能性が高いですね。

ミヤネ屋の宮根さんもウエンツ瑛士さんとずっと司会を務めているので、この2人は外せないと思います。

あとは女性ですよね〜

個人的には新垣結衣、永野芽郁、吉岡里帆が好みです。

ベストヒット歌謡祭2017の観覧募集はいつから?

こちらもまだ募集していないので2016年を参考にして見てください。

第1次観覧応募期間
  • 第1次観覧募集期間:未定(11月上旬予定)
観覧応募方法
  • パソコンや携帯サイトからのみ応募可能
  • チケットはお一人様1枚まで1回限り応募可能
  • チケット自体は入場券引換証になります。
  • 入場券引換証1枚で1名のみ入場可能
  • 発券手数料とシステム利用料で324円が必要
  • 当選の発表はメールにて連絡
  • 演出上見えづらい席になる可能性がある
観覧応募サイト
超豪華アーティスト集結!「ベストヒット歌謡祭2016」

受付サイトはローソンやミニストップのLoppiで可能

チケットの発券もLoppiにて行います。

第2次観覧応募期間
  • 第2次観覧募集期間:未定(11月中旬予定)

昔みたいにハガキを何十枚、何百枚と出さなくても、パソコンで1人1回までなので、全員が平等に抽選が行われます。

懐かしいですよね。

何千、何万という中から私の1枚を選んでもらおうと、蛍光ペンを使ったりして目立たせた思い出があります。

しかし、後々膨大な抽選を行うときは最初に機械でランダムに選ぶため、そういう奇抜だったり派手なハガキはすぐに落とされてしまうことを知ったときは愕然としました。

無駄な労力だったわけですね。(@-o-‘@)

ということでベストヒット歌謡祭2017の抽選は完全に機械で行われ、しかもみんな平等に行われるので、当たった人は相当運がいいと思ってください。

実力0%、運120%の力が働いています。

詳しい観覧募集が発表されたら追記したいと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

ベストヒット歌謡祭2017の会場はどこ?

昨年放送されたベストヒット歌謡祭の会場は大阪府大阪市の北区にあるフェスティバルホールで開催されました。

2014年からのこ会場を使っていることから、2017年は余程のことがないかいり会場の変更はないと予想しています。

5年に1度の読売テレビ開局記念キャンペーンイヤーにあたる年には、開局記念番組として放送され、規模の大きい大阪城ホールでの開催となりますが、次に大阪城ホールで開催するのは2018年です。

出典:https://goo.gl/59mj3U

出典:https://goo.gl/HEXKu2

  • 住所:〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島2丁目3-18
  • 電話番号:06-6231-2221
  • 最寄り駅:渡辺橋駅から徒歩約1分

詳しい会場情報が発表されたら追記しますね。

Sponsored Links

ベストヒット歌謡祭2017の募集倍率をチェック!

普通、こういう音楽祭のイベントの観覧募集というと、「ファンクラブ枠」という出演アーティストのファンクラブから応募できるものなんですが、このベストヒット歌謡祭に関してはそれが全くありません。

全ての人が完全に平等なんです。

会場の収容人数にもよりますが、仮にフェスティバルホールだった場合、フェスティバルホールの収容人数は2700人。

イベント自体の大きさが違いますが、2015年のNHK紅白歌合戦の応募総数が約100万で755倍だったそうです。

紅白の場合には1000倍を超える年もあるんだそうで、ベストヒット歌謡祭の場合、そこまで多くはないと思いますが、相当の倍率が予想されます。

もう神頼みですね。

ベストヒット歌謡祭2017のまとめ

ということで今回は「ベストヒット歌謡祭2017観覧募集や日程はいつ?倍率や会場も確認」という内容とお届けいたしました。

まだ2017年の情報が発表されていないので、詳しいことがわかり次第追記して行きたいと思います。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。