ニューイヤー駅伝2019コースの特徴や開催場所は?区間エントリーはいつ発表?

いよいよニューイヤー駅伝のシーズンに入ってきましたね。

個人的に好きな選手は日清食品グループの佐藤悠基選手。

箱根駅伝では3年連続で区間記録を樹立するなど

大活躍した選手なんです。

 

日清食品グループは2012年以降

優勝から遠ざかっているので、

ぜひ今回は頑張って欲しいところですね。

 

2018年のニューイヤー駅伝は、

旭化成が4時間52分18秒で

鎧坂が独走でゴールし、

旭化成が2連覇を達成

2年連続23度目の優勝を果たしました。

まさに圧勝でしたね。

さて今年は旭化成の3連覇なるか、

それともホンダやトヨタ自動車の

快進撃が見られるのか楽しみですね。

 

ということでここでは

ニューイヤー駅伝2019

コースの特徴開催場所を確認してみたいと思います。

最後には事前に発表される区間エントリー

いつ発表されるのかもチェックしてみましょう。

 

それではどうぞ。

Sponsored Links

目次

ニューイヤー駅伝2019のスタート時間や概要を確認

出典:JAAF

まさにニューイヤーというだけあって

開催日程は2018年1月1日。

スタート時間は朝9時15分。

テレビではTBS系列で朝8時30分からの放送です。

 

1957年から続く歴史ある大会ですが、

現在のように1月1日になったのは

第32回大会が行われた1988年からなんです。

 

そして以前はニューイヤー駅伝の

上位チームにはシード権が与えられていて、

予選は免除されていましたが、

2009年大会からこれを撤廃し、

全ての参加チームは全国で行われている

予選会から参加しなければなrなくなりました。

 

これも全てのチームが公平に

ニューイヤー駅伝に出場するためという

意図があったのかもしれませんんね。

 

それとは対照的に女子の実業団対抗のクイーンズ駅伝では、

シード権は維持していて対象的なんです。

  • 開催日程:2018年1月1日
  • スタート時間:朝9時15分
  • テレビ放送:TBS系列で朝8時30分から放送予定

ニューイヤー駅伝2019のコースの特徴や開催場所はどこ?

今までに何回かコースの見直しはありましたが、

全長距離100kmは昔のまま。

場所は群馬県の県庁をスタート・ゴール地点とする

コースになっています。

出典:http://nikkansports.com/
出典:https://goo.gl/BjR1Av

1区「群馬県庁〜高崎市役所」12.3km

年明け最初の日本一を決める本大会の中でも

最初の区間であることから新春の1区と呼ばれています。

2区「高崎市役所〜前橋市公田前」8.3km

外国人選手の起用はこの区間に限定されていることから、

かなりハイレベルでスピード感のある

レース展開が楽しめます。

3区「前橋市公田町〜伊勢崎市役所」13.6km

緩やかな下りが続く高速コースです。

4区「伊勢崎市役所〜太田市役所」22.0km

最長22km、

時間にして1時間以上走り続ける激闘の区間です。

各チームのエースが集う花の区間でもあり、

残り3.4kmからの向かい風と上り坂が選手を苦しめます。

5区「太田市役所〜桐生市役所」15.8km

もっとも過酷と言われる5区は

何と言っても向かい風の強さ。

しかも高低差が60m以上が果てしなく続く坂を

どう攻略するかがポイントです。

6区「桐生市役所〜西久保町」12.5km

アップダウンが激しい6区は

序盤はカーブも多く向かい風の影響も受けやすい。

7区「西久保町〜群馬県庁15.5km」

コースの特徴としては平坦ですが、

ここまでレースがもつれ込むと

最後はアンカーの壮絶な戦いが期待できます。

 

上記は昨年2018年のコース情報ですが、

毎年ほぼ変わりないコースなので、

参考にして見て下さい。

 

2019年版のコースの情報は、

発表があり次第追記したいと思います。

Sponsored Links

ニューイヤー駅伝2019の区間エントリーはいつ発表?

区間エントリーの発表は12月31日です。

公には区間エントリーの最終エントリーは

12月31日の夜12時までですが、

さすがにそこまで引っ張るチームはありません。

いつもの感じだと夜7時くらいには決まっていると思います。

詳しい情報が入り次第追記していきたいと思いますので、

楽しみにしていてくださいね。

区間エントリーの情報はTBS公式WEBサイトで発表されます。

2019年区間エントリー発表

旭化成(前回1位)
  • 1区 村山 鉱太(城西大)
  • 2区 K・アブラハム・キャプシス(コイスンズボーイズ/ケニア)
  • 3区 鎧坂 哲哉(明大)
  • 4区 市田 孝 (大東大)
  • 5区 村山 謙太(駒大)
  • 6区 市田 宏 (大東大)
  • 7区 大六野秀畝(明大)
ホンダ(前回2位)
  • 1区 木村 慎 (明大)
  • 2区 ウィリアム・マレル(カボルソ/ケニア)
  • 3区 原  法利(大東大)
  • 4区 田口 雅也(東洋大)
  • 5区 山中 秀仁(日体大)
  • 6区 服部 翔大(日体大)
  • 7区 足羽 純実(法大)
トヨタ自動車(前回3位)
  • 1区 早川 翼 (東海大)
  • 2区 ニコラス・コシンベイ(マリコプライマリー/ケニア)
  • 3区 大石 港与(中大)
  • 4区 藤本 拓 (国士大)
  • 5区 服部 勇馬(東洋大)
  • 6区 窪田 忍 (駒大)
  • 7区 松本 稜 (高知工)
トヨタ自動車九州(前回4位)
  • 1区 大津 顕杜(東洋大)
  • 2区 カレミ・ズク(豊川)
  • 3区 今井 篤弥(中京)
  • 4区 今井 正人(順大)
  • 5区 押川 裕貴(中京)
  • 6区 改木 悠真(鶴崎工)
  • 7区 奥野 翔弥(日体大)
富士通(前回5位)
  • 1区 潰滝 大記(中央学院大)
  • 2区 キメリ・ベナード(キモニング/ケニア)
  • 3区 松枝 博輝(順大)
  • 4区 中村 匠吾(駒大)
  • 5区 星  創太(駒大)
  • 6区 横手 健 (明大)
  • 7区 佐藤 佑輔(日大)
コニカミノルタ(前回7位)
  • 1区 西池 和人(法大)
  • 2区 ドミニク・ランガット(ニャフルルエリート/ケニア)
  • 3区 菊地 賢人(明大)
  • 4区 蜂須賀 源(国学院大)
  • 5区 山本 浩之(東洋大)
  • 6区 宇賀地 強(駒大)
  • 7区 谷川 智浩(拓大)
MHPS(前回8位)
  • 1区 的野 遼大(順大)
  • 2区 エノック・オムワンバ(山梨学院大)
  • 3区 目良 隼人(川棚)
  • 4区 井上 大仁(山梨学院大)
  • 5区 定方 俊樹(東洋大)
  • 6区 木滑 良 (瓊浦)
  • 7区 岩田 勇治(福岡工)
安川電機(前回9位)
  • 1区 北島 寿典(東洋大)
  • 2区 トゥル・メルガ(ギンチェ/エチオピア)
  • 3区 野村 峻哉(東洋大)
  • 4区 高橋 尚弥(東洋大)
  • 5区 中本健太郎(拓大)
  • 6区 加藤 風磨(亜大)
  • 7区 古賀 淳紫(鳥栖工)
愛三工業(前回10位)
  • 1区 山口 浩勢(城西大)
  • 2区 ロジャースチュモ・ケモイ(モイ・カプタマ/ケニア)
  • 3区 鈴木 洋平(早大)
  • 4区 大野 日暉(神奈川大)
  • 5区 中西 玄気(静岡大)
  • 6区 石川 裕之(東海大)
  • 7区 松本 伸之(関東学院大)
住友電工(前回11位)
  • 1区 中村 祐紀(青学大)
  • 2区 遠藤 日向(学法石川)
  • 3区 田村 和希(青学大)
  • 4区 高田 康暉(早大)
  • 5区 熊谷 拓馬(尽誠学園)
  • 6区 村本 一樹(兵庫県大)
  • 7区 藤村 行央(尽誠学園)
九電工(前回12位)
  • 1区 中村信一郎(早大)
  • 2区 ベナード・コエチ(キプテレ/ケニア)
  • 3区 東  遊馬(熊本国府)
  • 4区 大塚 祥平(駒大)
  • 5区 宮上 翔太(東海大)
  • 6区 吉田 亮壱(日体大)
  • 7区 高井 和治(駒大)
愛知製鋼(前回13位)
  • 1区 高橋 流星(大経大)
  • 2区 マチャリア・ディラング(ムツエソ/ケニア)
  • 3区 松村 和樹(順大)
  • 4区 寺内 将人(東洋大)
  • 5区 住田 優範(日体大)
  • 6区 松宮 隆行(花輪)
  • 7区 秋山 清仁(日体大)
中国電力(前回14位)
  • 1区 北  魁道(明大)
  • 2区 山崎 亮平(明大)
  • 3区 藤川 拓也(青学大)
  • 4区 岡本 直己(明大)
  • 5区 松井 智靖(明大)
  • 6区 兼実 省伍(拓大)
  • 7区 清谷 匠 (法大)
日清食品グループ(前回15位)
  • 1区 我那覇和真(神奈川大)
  • 2区 バルソトン・レオナルド(キモゴチ/ケニア)
  • 3区 村沢 明伸(東海大)
  • 4区 佐藤 悠基(東海大)
  • 5区 高瀬 無量(山梨学院大)
  • 6区 武藤 健太(国士大)
  • 7区 三浦 洋希(東北)
NTN(前回16位)
  • 1区 桜岡 駿 (東洋大)
  • 2区 エドワード・ワウエル(ムワリキ/ケニア)
  • 3区 竹内 颯 (興譲館)
  • 4区 三輪晋大朗(東農大)
  • 5区 斎田 直輝(明大)
  • 6区 小早川 健(東洋大)
  • 7区 天野 正治(奈良産大)
NTT西日本(前回17位)
  • 1区 大塚 倭 (神奈川大)
  • 2区 監物 稔浩(環太平洋大)
  • 3区 小松 巧弥(日体大)
  • 4区 馬場 翔大(駒大)
  • 5区 渡辺 力将(上武大)
  • 6区 城越 勇星(日体大)
  • 7区 益田賢太朗(法大)
カネボウ(前回18位)
  • 1区 大西 一輝(東洋大)
  • 2区 ダニエル・ムイバキトニー(日大)
  • 3区 平  和真(早大)
  • 4区 木津 晶夫(日大)
  • 5区 棟方 雄己(中大)
  • 6区 代田 修平(中大)
  • 7区 青木 優 (東農大)
八千代工業(前回19位)
  • 1区 岡野 佑輝(日大)
  • 2区 イェネブロ・ビヤゼン(アベマ/エチオピア)
  • 3区 甲斐 翔太(日体大)
  • 4区 猪浦 舜 (駒大)
  • 5区 山本 竜也(城西大)
  • 6区 千葉 一慶(帝京大)
  • 7区 山田 稜 (九州国際大付)
西鉄(前回20位)
  • 1区 篠原 義裕(法大)
  • 2区 ダニエル・キプケモイ(ソコ/ケニア)
  • 3区 後藤 敬 (山梨学院大)
  • 4区 福田 穣 (国士大)
  • 5区 石田 和也(東海大)
  • 6区 冨田 三貴(東海大)
  • 7区 鴛海 辰矢(東洋大)
日立物流(前回21位)
  • 1区 牟田 祐樹(明大)
  • 2区 ジョナサン・ディク(シュンブニ/ケニア)
  • 3区 設楽 啓太(東洋大)
  • 4区 栃木 渡 (順大)
  • 5区 浅岡 満憲(東農大)
  • 6区 日下 佳祐(東洋大)
  • 7区 竹内 竜真(東農大)
SUBARU(前回22位)
  • 1区 阿久津圭司(早大)
  • 2区 レダマ・ウェズレイ(メレロ/ケニア)
  • 3区 牧  良輔(新潟医療福祉大)
  • 4区 小山 司 (帝京大)
  • 5区 口町 亮 (東洋大)
  • 6区 藤原 滋記(早大)
  • 7区 塩谷 桂大(中央学院大)
プレス工業(前回23位)
  • 1区 山田 翔太(順大)
  • 2区 大西 亮 (大東大)
  • 3区 福島 弘将(上武大)
  • 4区 池田 紀保(大東大)
  • 5区 今村 俊 (磯子)
  • 6区 稲毛 悠太(国学院大)
  • 7区 佐々木寛文(早大)
黒崎播磨(前回24位)
  • 1区 田村 友佑(岩国工)
  • 2区 ジョエル・ムァゥラ(倉敷)
  • 3区 吉元 真司(城西大)
  • 4区 園田 隼 (上武大)
  • 5区 細谷 恭平(中央学院大)
  • 6区 久井原 歩(国士大)
  • 7区 小西 祐也(鳥栖工)
トヨタ紡織(前回25位)
  • 1区 蟹沢 淳平(創価大)
  • 2区 エバンス・ケイタニー(ケニア)
  • 3区 大池 達也(順大)
  • 4区 聞谷 賢人(順大)
  • 5区 西山 凌平(神奈川大)
  • 6区 河村 知樹(山梨学院大)
  • 7区 浜野 秀 (立命大)
YKK(前回26位)
  • 1区 山田 直弘(山梨大大学院)
  • 2区 ヴィンセント・キプケモイ(サッチャンワン/ケニア)
  • 3区 鈴木 大貴(東京国際大)
  • 4区 細森 大輔(国学院大)
  • 5区 末上 哲平(東洋大)
  • 6区 及川 佑太(中央学院大)
  • 7区 海老沢 剛(中央学院大)
ヤクルト(前回27位)
  • 1区 高久 龍 (東洋大)
  • 2区 デビット・ジュグナ(カリアニ/ケニア)
  • 3区 武田凜太郎(早大)
  • 4区 小椋 裕介(青学大)
  • 5区 春日 千速(東海大)
  • 6区 加藤 徳一(大東大)
  • 7区 池田 宗司(駒大)
マツダ(前回28位)
  • 1区 山本 雄大(城西大)
  • 2区 ベケレ・シェフェラウ(アセラ/エチオピア)
  • 3区 延藤 潤 (東洋大)
  • 4区 山本 憲二(東洋大)
  • 5区 橋本 澪 (東洋大)
  • 6区 新井 翔理(中央学院大)
  • 7区 向  晃平(国学院大)
中央発條(前回29位)
  • 1区 小島 大明(龍谷大)
  • 2区 ルンガル・ジェームス(ニアフルルリエート/ケニア)
  • 3区 坂田 昌駿(法大)
  • 4区 鈴木 柊成(青森山田)
  • 5区 大野 雄揮(信州大)
  • 6区 吾妻 佑起(国学院大)
  • 7区 石井 格人(順大)
大塚製薬(前回30位)
  • 1区 高橋 裕太(帝京大)
  • 2区 松本 葵 (山梨学院大)
  • 3区 国行 麗生(東海大)
  • 4区 上門 大祐(京産大)
  • 5区 野田 一貴(京産大)
  • 6区 秦  将吾(山梨学院大)
  • 7区 岡田 竜治(徳島東工)
トーエネック(前回32位)
  • 1区 服部 弾馬(東洋大)
  • 2区 竹内 大地(中大)
  • 3区 小山 裕太(駒大)
  • 4区 河合 代二(麗沢大)
  • 5区 中西 亮貴(駒大)
  • 6区 西川 凌矢(龍谷大)
  • 7区 西沢 卓弥(順大)
SGホールディングス(前回34位)
  • 1区 石橋 安孝(東海大)
  • 2区 ピーター・ランガット(ナクル/ケニア)
  • 3区 千葉 直輝(滋賀学園)
  • 4区 飯沼 健太(平成国際大)
  • 5区 橋爪 孝安(松蔭大)
  • 6区 菊池 貴文(国士大)
  • 7区 林 竜之介(東海大)
中電工(前回35位)
  • 1区 相葉 直紀(広島大)
  • 2区 アモス・クルガト(ティラチル/ケニア)
  • 3区 小山 大介(山梨学院大)
  • 4区 二岡 康平(駒大)
  • 5区 大崎 翔也(大東大)
  • 6区 松尾 修治(専大)
  • 7区 畑中 大輝(国学院大)
ひらまつ病院(前回36位)
  • 1区 梶原 有高(松蔭大)
  • 2区 田中 飛鳥(東海大)
  • 3区 石田 政 (大東大)
  • 4区 堤  渉 (福岡大)
  • 5区 藤田 啓生(亜大)
  • 6区 末次 亮 (敬徳)
  • 7区 川谷 勇貴(九州国際大)
セキノ興産(前回37位)
  • 1区 小林 巧 (東海大)
  • 2区 ジョン・カリウキ(青森山田)
  • 3区 細川翔太郎(法大)
  • 4区 桜庭 宏暢(日薬大)
  • 5区 岩崎 祐樹(順大)
  • 6区 松宮 祐行(花輪)
  • 7区 石田 康雄(上武大)
小森コーポレーション(前回不出場)
  • 1区 金森 寛人(拓大)
  • 2区 ロナルド・ケモイ(クオラス/ケニア)
  • 3区 西  智也(拓大)
  • 4区 的場 亮太(順大)
  • 5区 坂本 佳太(上武大)
  • 6区 橋本 隆光(城西大)
  • 7区 西沢 佳洋(駒大)
JR東日本(前回不出場)
  • 1区 寺田 夏生(国学院大)
  • 2区 加藤 光 (日体大)
  • 3区 大隅 裕介(大東大)
  • 4区 五ケ谷宏司(専大)
  • 5区 作田 直也(順大)
  • 6区 花沢 賢人(順大)
  • 7区 其田 健也(駒大)
戸上電機製作所(初出場)
  • 1区 安藤 慎治(帝京大)
  • 2区 堀  聡介(鳥栖工)
  • 3区 渡辺 太陽(鳥栖工)
  • 4区 溝田 槙悟(鳥栖工)
  • 5区 平  敏治(帝京大)
  • 6区 樋口 秀星(帝京大)
  • 7区 出雲 一真(鳥栖工)

引用:日刊スポーツ

ニューイヤー駅伝2019のまとめ

ということで2019年のニューイヤー駅伝は

1月1日の朝9時15分スタート。

 

コースは群馬県庁を発着とする

全長100kmのコースです。

 

コースの特徴としては4区〜6区が風、

坂、距離ともの激しい区間で、

レース展開もこの区間で変わる可能性がありますね。

 

区間エントリーの発表は12月31日の

遅くても夜7時か8時には決まって

TBS公式WEBで発表されると思います。

 

個人的に応援している選手は

日清食品グループの佐藤悠基選手なので、

久々に優勝する姿を見てみたいですね。

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。