バレーボール天皇杯皇后杯2017ファイナル日程や組み合わせ!放送予定は?

いよいよバレーボール日本一を決める大会「天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」のファイナルラウンドが始まろうとしています。

全国を9ブロックに分け、都道府県代表に加え、Vチャレンジ、カテゴリー別(クラブ・実業団・大学・高校)ブロック大会優勝、予選免除チーム(ブロック内最大4チーム)などが参加し、他のスポーツ同様、オープントーナメント制だから、力の差はありますがどのチームにも優勝の可能性があるんです。

ということでここではバレーボール天皇杯皇后杯2017ファイナルラウンド日程組み合わせをチェックしてみたいと思います。

そしてせっかくの天皇杯皇后杯ですからテレビでもみてみたいですよね。

放送予定があるのか見てみましょう。

Sponsored Links

バレーボール天皇杯皇后杯2017ファイナルラウンドの日程は?

出典:http://tk2017.jva.or.jp/topics/

1回戦~4回戦
  • 日程:平成29年12月15日〜17日
  • 会場:東京体育館
準決勝〜決勝
  • 日程:平成29年12月23日〜24日
  • 会場:大田区総合体育館

引用:http://tk2017.jva.or.jp/outline/

ちなみにここまでの戦いでは、都道府県ラウンドが4月~7月で全国の都道府県内体育館で行われ、ブロックラウンドは9月~10月に各地域ブロック内体育館で行われました。

天皇杯(男子)ファイナルラウンド日程(昨年から予想)

2017年の天皇杯、皇后杯のそれぞれの詳しい日程は発表されていませんが、毎年同じような日程なので、2016年からある程度予想してみたいと思います。

試合日程(第1週)
  • 日程:12月15日(金)1回戦
  • 日程:12月16日(土)2回戦
  • 日程:12月17日(日)準々決勝
  • 時間:第1試合 11時〜
  • 時間:第2試合 13時~
  • 時間:第3試合 15時~
  • 時間:第4試合 17時~
試合日程(第2週)
  • 日程:12月23日(土):準決勝
  • 時間:第1試合 11時~
  • 時間:第2試合 13時~
試合日程(第2週)
  • 日程:12月24日(日):決勝
  • 時間:第1試合 12時~
皇后杯(女子)ファイナルラウンド日程(昨年から予想)
試合日程(第1週)
  • 12月15日(金):1回戦
  • 12月16日(土):2回戦
  • 12月17日(日):準々決勝
  • 第1試合:11時~
  • 第2試合:13時~
  • 第3試合:15時~
  • 第4試合:17時~
試合日程(第2週)
  • 12月23日(土):準決勝
  • 第1試合:15時~
  • 第2試合:17時~
試合日程(第2週)
  • 12月24日(日):決勝
  • 第1試合:17時~

昨年から日程を予想するとこんな感じになりますが、基本的に時間はそのままで日付のみを変更する形で予想してみました。

毎年同じような日程なので、よほどのことがない限りこのスケジュールで行われると思います。

参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

バレーボール天皇杯皇后杯2017ファイナルラウンドの組み合わせは?

ファイナルラウンド第1週が行われる12月15日〜17日の出場チームはブロックラウンドを勝ち抜いた男女各16チーム及びV・プレミア男女各8チームが出場。

ファイナルラウンド第2週の12月23日〜24日はファイナルラウンド第1週を勝ち抜いた男女各4チームが出場します。

現在はまだブロックラウンドの真っ最中なのでとりあえず、現在のファイナルラウンド出場チームをみていきたいと思います。

http://tk2017.jva.or.jp/block_round/

最終的にファイナルラウンドへ進出するチームが決まるのが10月28日ということですね。

結果がわかり次第、随時更新していきたいと思います。

天皇杯(男子)ファイナルラウンド組み合わせ

組み合わせが発表され次第追記いたします。

皇后杯(女子)ファイナルラウンド組み合わせ

組み合わせが発表され次第追記いたします。

バレーボール天皇杯皇后杯2017ファイナルラウンドの放送予定は?

昨年は決勝戦のみNHKのBS1で生中継されていましたので、今年も同様に放送されると思いますが、詳しいくとが発表されたらここでも追記いたします。

まとめ

ということで今回は、「バレーボール天皇杯皇后杯2017ファイナル日程や組み合わせ!放送予定は?」という内容でした。

テレビではNHKでしか放送されないようなので、ここはやっぱり会場へ足を運んで応援するってもんじゃないでしょうか。

ちなみに昨年2016年の天皇杯優勝チームは東レ・アローズ(Vプレミア)。
皇后杯優勝チームは久光製薬スプリングス(Vプレミア)で破竹の5連覇を達成しました。

またまたちなみに、優勝賞金はチームに1000万円、準優勝でも400万円が奨励金として贈呈されるようです。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。