富士山女子駅伝2017コースの特徴や出場大学は?結果速報もチェック!

通称、富士山女子駅伝は全日本大学女子選抜駅伝競走と言って、毎年冬に行われ、優勝校には文部科学大臣杯が授与される数少ない大会の一つです。

第1回大会は2004年とまだそこまで歴史のある大会ではありませんが、選手たちの注目度が高まり、今では毎年レベルアップしているタイムも見逃せません。

ということでここでは、富士山女子駅伝2017コースの特徴出場大学を確認してみたいと思います。

最後にはレースの結果速報もチェックして行きたいと思います。

Sponsored Links

富士山女子駅伝2017の日程やスタート時間は?

出典:http://www.fujisan-joshiekiden.jp/

さてまずは開催日程やスタート時間からチェックして行きたいと思います。

  • 開催日程:2017年12月30日(土)
  • スタート時間:午前10時スタート

元々2004年から2006年までは埼玉県で行われ英ましたが、2007年から茨城県つくば市で開催されるようになりました。

しかし、スポンサーの降板などで、2009年で休会となっていました。

そこへ富士山の世界文化遺産登録を記念して、もう一度開催しようと、2013年から「富士山女子駅伝」として再開することになりました。

ちなみに12月30日の開催になったのは2015年からです。

テレビ放送は?

以前はテレビ東京で放送されていましたが、スポンサー契約解除で、今ではフジテレビ系列で放送されています。

世界遺産登録記念富士山女子駅伝ホームページです。

富士山女子駅伝2017のコースの特徴

現在のコースになったのは2016年から。

もっと白熱したレースが見たい。

もっと選手を間近で応援したい。

という要望に応えての変更だったそうです。

コースは全7区間 43.8km。

スタートは富士山本宮浅間大社前で、フィニッシュは富士総合運動公園陸上競技場。

出典:https://goo.gl/WHxpVm

ダウンロードはこちらから(1.7MB)

1区( 4.1km ) 第1中継地点: 富士山本宮浅間大社前

浅間大社付近では晴れていれば富士山が見える、スタート地点としては最高のロケーション。選手たちは多くの歓声に見送られながらスタートします。
高低差20メートルの上りと下りが続く厳しいコースが選手を悩ませます。

2区( 6.8km ) 第2中継地点: (株)石井鉄工所前

店舗が立ち並ぶ大月線沿いを富士宮市から富士市へ駆け抜けます。高低差98mの長い下り坂が中継所まで続きます。

3区( 3.3km ) 第3中継地点: 富士市交流プラザ前

3.3kmを短い距離がスピード区間の始まり。選手のペース配分に注目です。

4区( 4.4km ) 第4中継地点: 富士市クリーンセンターききょう前

短い距離のスピードのつなぎ区間ですが、東海道線の高架橋などアップダウンがあり選手を苦しめます。

5区(10.9km ) 第5中継地点: ジヤトコ本社前

富士女子駅伝最長の区間。各チームともにエースを送り込んでくる区間なので、見応え十分です。コースは平坦ですが、ここがチームの勝負の分かれ目になることは間違いないですね。

6区( 6.0km ) 第6中継地点: 岡島運輸(株)駐車場前

富士山を横に選手が走るロケーションが抜群にいい長い直線が多い区間です。

7区( 8.3km ) フィニッシュ地点:富士総合運動公園陸上競技場

3キロすぎから上りが始まり、4.6キロの間に169メートルを駆け上がるレイアウトで、3.8キロ地点の源太坂には急激な下りもあります。

区間最高記録
区間 距離 選手・大学名 タイム 記録年
総合 43.8km 立命館大 2:25:43 2016年
1区 4.1km 高見澤安珠(松山大) 12:42 2016年
2区 6.8km 高見沢里歩(松山大) 21:19 2016年
3区 3.3km 大森菜月(立命館大) 10:13 2016年
4区 4.4km 池内彩乃(立命館大) 14:13 2016年
5区 10.9km 棚池穂乃香(京都産業大) 36:29 2016年
6区 6.0km 上原明悠美(松山大) 19:38 2016年
7区 8.3km 細田あい(日本体育大) 29:48 2016年

出典:https://goo.gl/fL8dXf

昨年からコースが変わったので、このタイムをどう塗り替えていくかが、勝利への鍵だと思います。

Sponsored Links

富士山女子駅伝2017の出場大学は?

参加資格
  • 杜の都駅伝2017の希望する上位12チーム
  • 5000m7名の記録による6チーム
  • 地区学連選抜2チーム
  • 静岡県浙江省学生選抜チームによる1チーム(オープン参加)

引用;https://goo.gl/VPSRte

オープン参加チームを入れると21チーム。

出場チームの最終受付は12月7日なので、具体的な発表はそれ以降になります。

現在はまだ杜の都駅伝も開催さレテいないので、結果がで次第追記したいと思います。

2016年の大会結果をチェック

とりあえず昨年の出場チームを見て見ましょう。

だいたい昨年出場しているチームは今年も必ず出るはず。

ほぼこの大学やチームが出場すると思っていいですね。

  • 優勝:立命館大学(2時間25分43秒)
  • 2位:名城大学
  • 3位:松山大学
  • 4位:大阪学院大学
  • 5位:日本体育大学
  • 6位:京都産業大学
  • 7位:大東文化大学
  • 8位:東京農業大学
  • 9位:福岡大学
  • 10位:東洋大学
  • 11位:関西大学
  • 12位:白鷗大学
  • 13位:関西外国語大学
  • 14位:大阪芸術大学
  • 15位:城西大学
  • 16位:佛教大学
  • 17位:西日本選抜
  • 18位:玉川大学
  • 19位:東北福祉大学
  • 20位:東日本選抜
  • OP(20):静岡県学生選抜

引用:https://goo.gl/nM2z7D

富士山女子駅伝2017の結果速報!!

こちらは結果が出次第追記したいと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

富士山女子駅伝2017のまとめ

ということで今回は、「富士山女子駅伝2017コースの特徴や出場大学は?結果速報もチェック!」という内容でした。

まだ出場する大学やチームがまだ決定していませんが、わかり次第追記したいと思います。

結果も楽しみにしていてくださいね。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。