東京マラソン2018日程やコース詳細ガイド!注目の招待選手をチェック!

2018年もいよいよ東京マラソンの季節がやってきました。

今年で12回目となるこの大会は、なんと東京オリンピックの男子マラソン選手を決める「マラソングランドチャンピオンレース」(通称:MGC)の対象レースということもあり、注目を集めています。

ということでここでは、東京マラソン2018開催日程スタート時間、そしてコース詳細ガイドを見てみたいと思います。

最後には注目されている選手をチェックしてみましょう。

Sponsored Links

東京マラソン2018の概要

出典:http://www.marathon.tokyo/about/

主催者名:一般財団法人東京マラソン財団

開催場所:東京都新宿区・千代田区

開催エリア:東京都庁~東京駅前行幸通り

マラソン
  • 男子・女子
  • 車いす男子・女子
10km
  • ジュニア&ユース
  • 視覚障害者
  • 知的障害者
  • 移植者
  • 車いすの各男子女子

引用:https://goo.gl/RHPWdp

もともと東京の都心で行われていた

  • 東京国際マラソン
  • 東京国際女子マラソン
  • 東京シティロードレース

これらがそれぞれ行われていましたが、当時の石原都知事が「経済波及効果、スポーツや観光の振興につながる」という理由でこれを一本化し、第一回東京マラソンが2007年に行われました。

都心で行われるレースということもあり、毎年の参加者は増えるばかり。

2011年には約30万人の応募の中から約3万6千人が参加しましたが、200万人以上の観衆が集まるなの、軽くプチパニックでした。

そして2013年からは、ボストンマラソン、ロンドンマラソン、ベルリンマラソン、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソンが加盟するワールドマラソンメジャーズに加入し、1年に渡る同ツアーの開幕レースとなりました。

東京マラソン2018の開催日程はいつ?

開催期間
  • 2018年2月25日(日)
各スタート時間
  • 9時05分:車いすマラソン・10kmスタート
  • 9時10分:マラソン・10kmスタート
  • 10時50分:10km競技終了
  • 16時10分:マラソン競技終了
テレビ放映
  • フジテレビ系全国ネット

引用:https://goo.gl/Tg85EC

東京マラソン2018のコース詳細ガイド

ダウンロードはこちらから(PDF:418KB)

illustmap_2018jp

マラソンのコースは東京都庁前をスタートししばらくは下りが続きますが、全体的に平坦なコースとなっています。

しかし東京の土地を生かしたコースは、ほかのシティマラソンよりも起伏に富んでいます。

昨年2017年より大幅にコースが変わり、より東京の景観が楽しめるようになりました。

東京都庁舎前→(都庁通り)→都庁北交差点→(北通り・都道新宿副都心8号)→新都心歩道橋下交差点→(青梅街道・靖国通り・外堀通り)→飯田橋交差点→(目白通り)→飯田橋一丁目交差点→(専大通り)→西神田交差点→(専大通り)→専大前交差点→(靖国通り)→須田町交差点→(中央通り)→日本橋交差点→(永代通り)→茅場町一丁目交差点→(新大橋通り)→浜町中ノ橋交差点→(清洲橋通り)→東日本橋交差点→(清杉通り)→浅草橋南交差点→(江戸通り)→蔵前一丁目交差点→駒形橋西詰→浅草寺雷門前→吾妻橋西詰→駒形橋西詰→蔵前一丁目交差点→(蔵前橋通り)→石原一丁目交差点→(清澄通り)→門前仲町交差点→(永代通り)→富岡八幡宮前(折り返し)→(同じルートを戻る)→蔵前一丁目交差点→(江戸通り・清杉通り・清洲橋通り・新大橋通り・永代通り)→日本橋交差点→(中央通り)→銀座四丁目交差点→(晴海通り)→日比谷交差点→(日比谷通り)→芝五丁目交差点→(第一京浜)→品川駅手前(折り返し)→芝五丁目交差点→(日比谷通り)→ 日比谷交差点→(日比谷通り)→和田倉門→東京駅前・行幸通りフィニッシュ (42.195km)
引用:https://goo.gl/fQjnQN

2016年までは東京ビッグサイトがゴールだったので出場する選手は、ちょっと大変そうでしたね。

ゴールが東京駅前になり、今までなかった、両国~門前仲町を走ります。

東京の都心の道路を走れることなんてそうはありませんから、アスリート以外の参加者はノロノロ走っているようですね。

東京マラソンの勝負どころはペースメーカーが外れる30km過ぎから。

銀座から日比谷通りへ左折すると一気に加速し、ここで先頭集団から遅れる選手がかなりいます。

というよりも外国人選手から置いていかれる日本人選手がほとんど。

外国人選手の手段が一気にレースを決めてくるポイントなんです。

応援するなら30km前で応援した方が、選手たちにとってはいいかも。

残り12km.

天候が良く、気温も上昇気味だと選手に与える影響も少なく新記録が期待できます。

日本のトップクラスの選手たちが外国人選手にどこまで検討できるかが楽しみですね。

男子はそろそろ優勝が欲しいところ。

頑張れ!

東京マラソン2018注目の招待選手をチェック!

さて、2018年の招待選手はまだ発表されていませんが、2020年東京オリンピックに向けて意気込んでいる選手も多いはず。

そう考えると東京オリンピックってもう直ぐなんですね。

あ!その前にサッカーW杯もありますね。

招待選手の情報に関しては公式に発表はあり次第追記したいと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

Sponsored Links

歴代優勝者をチェック

男子
  • 2007:ダニエル・ジェンガ(ケニア)2時間09分45秒
  • 2008:ビクトル・ロスリン(スイス)2時間07分23秒
  • 2009:サリム・キプサング(ケニア)2時間10分27秒
  • 2010:藤原正和(日本)2時間12分19秒
  • 2011:ハイル・メコネン(エチオピア)2時間07分34秒
  • 2012:マイケル・キピエゴ(ケニア)2時間07分37秒
  • 2013:デニス・キメット(ケニア)2時間06分50秒
  • 2014:ディクソン・チュンバ(ケニア)2時間05分42秒
  • 2015:エンデショー・ネゲセ(エチオピア)2時間06分00秒
  • 2016:フェイサ・リレサ(エチオピア)2時間06分56秒
  • 2017:ウィルソン・キプサング・キプロティチ(ケニア)2時間03分58秒
女子
  • 2007:新谷仁美(日本)2時間31分01秒
  • 2008:クラウディア・ドレハー(ドイツ)2時間35分35秒
  • 2009:那須川瑞穂(日本)2時間25分38秒
  • 2010:アレフティナ・ビクティミロワ(ロシア)2時間34分39秒
  • 2011:樋口紀子(日本)2時間28分49秒
  • 2012:アツェデ・ハブタム(エチオピア)2時間25分28秒
  • 2013:アベル・ケベデ(エチオピア)2時間25分34秒
  • 2014:ティルフィ・ツェガエ(エチオピア)2時間22分23秒
  • 2015:ベルハネ・ディババ(エチオピア)2時間23分15秒
  • 2016:ヘラー・キプロプ(ケニア)2時間21分27秒
  • 2017:サラ・チェプチルチル(ケニア)2時間19分47秒

引用:https://goo.gl/abMQqH

東京マラソン2018のまとめ

という子よで今回は東京マラソン2018に関していろいろ確認して見ました。

東京オリンピック男子マラソンの選考会も兼ねているレースなので、注目度マックスですね。

ちなみにテレビ放送予定は東京国際マラソンに引き続き、フジテレビ(FNS)と日本テレビ(NNS)が隔年で担当しているそうです。

双方の局に関係する衛星放送(BS・CS)でも放送されているほか、ラジオ中継も両局に関連したラジオ局であるニッポン放送とアール・エフ・ラジオ日本が隔年で中継を行っています。

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。