ゴミ収集車のメーカーや隠れた機能を確認!内部構造や元トラック比較!

ある日、車を運転していると目の前にごみ収集車が走っていました。

だいたいトラックとかって後ろのリア部分に「TOYOTA」とか「NISSAN」とか、

必ずメーカーのロゴが入っているのが普通なんですが、

どうも先日見たゴミ取集者のリアにはどこにもそんなロゴが入っていませんでした。

どこのメーカーの車なのかなーと疑問に思ったのでちょっと調べてみましょう。

そしてそのゴミ収集車の内部構造もチェックしてみたいと思います。

Sponsored Links

ゴミ収集車の隠れた機能

出典:https://goo.gl/BGcW2x

みんなの街に必ずあるゴミ収集車は回転板で押込む方式の2トン車がほとんど。

汚水タンク

生ごみなどを含むごみを回収する際に悪臭を生ずる場合があり、

この原因となる水分を垂れ流さないため車体の下部には汚水タンクが取り付けられています。

香水の原理で匂い軽減

悪臭を甘い香りに変えるごみ収集車用の消臭剤も発売されているんだとか。

ゴミを扱うだけにその辺は気を使っているんですね。

さすがです。

電子音のメロディを鳴らし合図

日本の一部の地方自治体やアジア諸国などでは、周りの人々に気付いてもらいやすいように、

電子音のメロディを鳴らしながらごみを回収する事例もあるそうです。

ゴミ収集車の内部醸造

ゴミ収集車の荷台のプレス機でゴミを圧縮しながら回収し、

最大で1トン~1.4トンものゴミを集めることができます。

日本のゴミ収集車はかなり優秀で、

ゴミを回収するときにほとんど散らかさずに回収できます。

これが海外だとこんな感じ。

出典:https://gifmagazine.net/post_images/90242

アーム式で自動回収するので人件費は抑えられそですが、

こんなに散らばっては回収どころじゃないですね。

さてそれでは国産のゴミ収集車の構造ってどうなっているんでしょうか。

一般的には圧縮式(プレス式)、回転板式、の2種類に分けられるそうです。

圧縮式(プレス式)
出典:https://goo.gl/CruRks

プレスプレートでホッパ内のごみをホッパ 底部と前壁の2段階で圧縮。

大プレス効果によってごみを積込み圧縮してごみを回収するごみ収集車です。

引用:https://goo.gl/CruRks

一般のゴミはもちろんですが、

家具や冷蔵庫、自転車までも潰す力があるそうです。

圧力は約150〜160kg/cm²なんだとか。

回転板式
出典:https://goo.gl/CruRks

2枚の回転プレートで積込み圧縮をしながらごみを回収するごみ収集車です。

引用:https://goo.gl/CruRks

私の街でよく見かけるのがこのタイプです。

子供の頃にゴミ収集車がゴミを回収するのをよく見たものです。

男の子はワクワクするんですよね。

回転板式の中でもドラム式のようなものもあるそうです。

それがこちら。

機能自体は圧縮式や回転式よりも積載量が少ないので、

見かけることはほとんどないと思いますが、

見かけたらレアものなので写メしときましょうね。

Sponsored Links

ゴミ収集車のメーカーはどこ?

街で見かけるゴミ収集車は一体どうやって、どこが作っているのかというと、

実はいすゞや日野、三菱ふそうといったメーカーのトラックを専門の会社が、
荷台のゴミを収集する場所を作り、合体して販売しているんです。

主な使用されている車種

小型トラック

  • いすゞ・エルフ
  • 日野・デュトロ
  • 三菱ふそう・キャンター
  • UDトラックス・カゼット
  • 日産・NT450アトラス
  • マツダ・タイタン

中型トラック

  • いすゞ・フォワード
  • 日野・レンジャー
  • 三菱ふそう・ファイター
  • UDトラックス・コンドル

引用:https://goo.gl/xQz5it

上記のメーカーのトラックがベースとなっているのがゴミ収集車なんです。

後ほど比較して見ますが、

フロントの顔だけ見ればよく似ているのがわかると思いますよ。

さてそれではこのメーカーのトラックを使ってゴミ収集車を作っているメーカーって

どんなところなんでしょうか見て見ましょう。

ゴミ収集車の製作・販売メーカー

極東開発工業

http://www.kyokuto.com/

新明和工業

http://www.shinmaywa.co.jp/

富士車輌

http://www.fujicar.com/

モリタエコノス

http://www.morita119.com/

引用:https://goo.gl/xQz5it

聞いたことのない会社ばかりですが、どの会社も東証1部上場の大きな会社です。

一番大きな会社でいうと新明和工業ですかね。

2013年の売上高が1000億円を超えています。

ゴミ収集車の元のトラクトの比較

それでは本当に市販のトラックを使用しているのか比較して見たいと思います。

いすゞ【 エルフ 】

日野【 レンジャー 】

UD【 トラックス・コンドル 】

ね?

一般の市販されているトラックの形とほぼ一緒ですよね。

普段見るゴミ収集車って青色がほとんどなのでトラックはトラック。

ゴミ収集車はゴミ収集車と見がちですがベースは一緒なんですね。

ちなみにこういうケースって他にもあって、

ミキサー車や散水車、コンクリートポンプ車も同じように作られているんですよ。

まとめ

ということで今回は、ゴミ収集車を作っているメーカがどこなのか調べて見ました。

調べた結果、いすゞや日野などから発売されているトラックをベースに、

荷台だけ改造して販売されていることがわかりました。

よく見るとフロントには「ISUZU」や「NISSAN」のロゴが入っている場合があります。

でもそういうのってなかなかきずかないもんですよね。

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。