助宗祐美のwikiプロフィールや出身大学はどこ?年齢や夫の仕事や年収は?

漫画『逃げるは恥だが役に立つ』や『東京タラレバ娘』は、

どれもドラマ化され大ヒットとなりました。

 

コミックスと電子媒体でどちらも累計300万部を超える記録を打ち出しました。

 

そんな大ヒット漫画を世に出すべく奮闘した担当編集者を今日は紹介したいと思います。

そ人とは助宗祐美さん。

 

助宗祐美さんは講談社編集者で漫画家さんと雑誌との間をつなぐパイプ役のような存在です。

 

一般の人ということもありますが、

あまり助宗祐美さんことってあまり知られていないんですよね。

ということでここでは漫画家さんではなく、

講談社の編集者の助宗祐美さんについて、

wiki風プロフィール出身大学がどこなのかチェックして見たいと思います。

そしてご結婚されているみたいなんですが、

夫の仕事や年収も調べて見たいと思います。

 

それではどうぞ。

Sponsored Links
Sponsored Links

助宗祐美のwikiプロフィール

出典:MasshiroGold

基本情報

  • 名前:すけむね ゆみ
  • 出身:静岡県
  • 学部学科:文学部芸術学科(2006年卒)
  • 就職先:講談社 Kiss編集部在籍

講談社『Kiss』

  • 講談社出版の女性向け漫画雑誌
  • 1992年から創刊
  • 講談社HP /http://www.kodansha.co.jp/

引用:MasshiroGold

講談社『Kiss』で『逃げ恥』の海野つなみさんや

タラレバ』の東村アキコさんなどを担当されています。

 

そういえば以前『版出来!』って漫画ありましたよね。

ドラマ化もされて結構人気だったんですが、

要はあんな感じのお仕事だと思うえばいいと思います。

 

ちょっと詳しく解説して見ましょう。

講談社での仕事内容は?

助宗祐美さんの講談社でのお仕事は、

基本的には次の雑誌の締め切りまでに漫画家さんに

原稿を催促しながら締め切りまでに印刷所に届けること。

そしてその中であらすじの展開の相談に乗ったりして、

面白くなるようにお手伝いをします。

そうそう助宗祐美さん講談社に入社した時はこんなことを思っていたようです。

編集の仕事になるときに、「創造性」の面で、初めは勘違いをしていた。

自分の意見を素直に言っていく」ことが「独創性」だと思っていたらしく、

しかし仕事をしていく中で自分の好きな世界観だけを出してしまっては

仕事ではなくなってしまうということに気づかされたのだとか。

編集は「漫画家の創造性と世間の求めている物を合わせること」が

一番理想的なことに気づいたんだそうです。

漫画の世界観と世間のギャップを埋めていくことがヒットの秘訣かもしれませんね。

 

以前武井壮さんも同じようなことを言っていたのを思い出しましたので、

下記の動画をご覧ください。

結構ためになりますよ。

 

助宗祐美さんの仕事におけるは、

ヒットを出すこと”だそうです。

 

夢叶ってますね!

 

それでも助宗祐美さんはさらなるヒットを産むべく、

今後の活躍に期待したいですね。

助宗祐美の出身大学はどこ?

プロフィールのところでは、

学部学科:文学部芸術学科(2006年卒)

となっていましたが、

実際はどこの大学に通っていたんでしょうか。

ツイッターで探していたら出てきました。

「明学」というとそう「明治学院大学」ですね。

 

文学部芸術学科もちゃんと存在するのでほぼ間違いないと思います。

 

流石に出身高校まではわかりませんでしたが、

明学に行けるくらいだから相当勉強はできたと思います。

助宗祐美さんの年齢はいくつ?

プロフィールから推測すると、

大学を2006年に卒業されています。

そこから考えると2018年時点で33歳となります。

早生まれだとまだ32歳になりますが、

まだまだ全然若いですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

助宗祐美の夫の仕事や年収は?

さて助宗祐美さんは現在ご結婚されていて、

夫と息子の3人家族。

 

出典;カンテレ

画像を見る限りだと息子さんは小学校4年生くらいですかね。

夫も30代〜40代っっぽいですね。

いろいろ調べたんですが、

さすがに夫の仕事まではわかりませんでしたが、

年収だけはちょっとわかりそうです。

 

出典:NHKニュースおはよう日本

これ助宗祐美さんメモ書き。

以前『東京タラレバ娘』がヒットしたとき、

NHKの独自取材のときに放送された一コマなんです。

だんなと同程度の収入を得る

社会的にもやりがいのある仕事をして毎日が充実

と書かれています。

そしてびっくりなのが、

助宗祐美さんが務める講談社出版社の中でもかなり高給だって有名なんです。

 

出典:キャリコネ

キャリコネで調べた株式会社講談社の年収・給与明細です。

29歳にして年収が1,364万円!!!

サラリーマンの平均年収の倍以上いっちゃってますよ!

ワタシノ○倍!

となると助宗祐美さんの夫もこのくらいは稼いでいるってことですよね。

なんだろう…

ちょっと自分の人生見つめ直してきますわ。

助宗祐美まとめ

ということで今回は講談社で編集の仕事をしている助宗祐美さんについていろいろ調べて見ました。

  • 出身大学は明治学院大学。
  • 家族構成は3人。
  • 年齢は2018年現在で32〜33歳
  • 年収は1000万円オーバー!
  • 生粋のキャリアウーマンでした!!
Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。