伏野亜紀(かき氷)wikiや経歴は?お店の場所や名前の由来は?

ここ数年で本当にかき氷ブームが最高潮ですよね。

夏に食べるのは普通なんですが、

今や冬になってもかき氷を食べる人も急増しています。

 

恥ずかしい話、私は最近のブームに乗っていけず、

まだ世間でいうふわふわかき氷を

今だに食べた事がありません。

食べたいなーとは思うんですが、

なかなか足が運ばず行かずじまいですが…

 

そんな私でもこれは絶対おいしいでしょって言う

かき氷を見つけちゃったのでご紹介したいと思います。

 

そのかき氷を作るのは伏野亜紀さん。

和歌山県出身なんですが、

地元のみかんを使ったかき氷がもう絶品なんだとか。

 

ここでは伏野亜紀さんについて

wikiプロフィールはもちろんですが、

経歴お店の場所もチェックして見たいと思います。

 

当然メニューも調べましたよー。

 

最後にはお店の名前、

かき氷喫茶『バンパク』の名前の由来について

調べて見たいと思います。

 

それではどぅーぞ(千鳥)。

Sponsored Links

伏野亜紀(かき氷)wikiや経歴をチェック

出典:セブンルール

  • 名前:ふしみ・あき
  • 年齢:34歳(2018年現在)
  • 出身:和歌山県
  • 血液型:AB型

伏野さんは小さい時からかき氷が大好きだそうです。

大人になってからもそれは変わらず、

かき氷に毎月数万円かけていたほどだとか。

 

以前、マツコの知らない世界で

かき氷が特集されていましたが、

それに出演してもおかしくないほどの

完全なるマニアなんです。

 

そんなかき氷マニアが自分でお店を開くことなんて

必然的かと思ったのですが、

実は伏見さん最初はスタイリストを目指して

上京してきたんだそうです。

 

でも思うように行かず、

最初のアシスタントの仕事も途中で挫折してしまいます。

それでもやぱりスタイリストとしての夢が

諦められず再スタート。

ようやくスタイリストとして一人前に仕事が入り出した頃、

膝を痛めて仕事どころじゃなくなってしまいました。

 

2度目の挫折です。

 

そんな絶望の中、実家に帰ろうかと思った矢先、

昔から好きだったかき氷を思い出し、

一度決めたらまっすぐな性格の伏見さんは、

スタイリストとして頑張ってきた情熱を

そのままかき氷へ注ぎ、

スタイリストから一変、かき氷のお店をオープンさせました。

 

地元和歌山の果物をふんだんに使ったかき氷は、

口コミで広がり今ではオープン前に行列ができるほと。

 

お店は一人で切り盛りしているから、

ちょっと回転率が悪いですが、

待たされた分かき氷の美味しさもあって

大満足で帰っていくお客さんも多く、

リピーターの数も多いんだとか。

クソ暑い日に一度は食べて見たいですね。

伏野亜紀(かき氷)のお店の場所はどこ?

伏野さんのお店の名前はかき氷喫茶『バンパク』

全面禁煙で11席しかありませんが、

ライブバーらしく、ドラムセットが置かれ、

ギターなど音楽関連のアイテムが飾られています。

昼間はかき氷屋、夜はライブバーを営んでいます。

LIVE BAR 三軒茶屋 Come Together


出典:Yahooライフマガジン


出典:Yahooライフマガジン

住所

  • 東京都世田谷区太子堂2-23-5 プルミエ太子堂B1F

アクセス

  • 三軒茶屋駅[北口B]から徒歩約3分
  • 西太子堂駅[出口]から徒歩約6分
  • 若林(東京都)駅[出口]から徒歩約13分

営業時間

  • 月~日 12:00~18:00
  • 定休日:不定休

お店自体も狭く、伏見さん1人で経営しているので、

事前にtwitterでお店に入るルールを確認しておきましょう。

かき氷喫茶『バンパク』のtwitter「#バンパクからのお願い」はこちらをご覧ください。

Sponsored Links

かき氷喫茶『バンパク』のメニューもチェック

  • 和歌山オーガニックほうじ茶:750円
  • 和歌山ほうじ茶きなこ:800円
  • いちごみるく:800円
  • いちご杏仁みるく:850円
  • マンゴー杏仁みるく:800円
  • かき氷 チョコミント:800円
  • かき氷 はちみつ檸檬レアチーズ:800円
  • かき氷 梅ヨーグルト:800円
  • かき氷 黄金桃:850円
  • かき氷 和歌山みかん:700円
  • かき氷 和歌山みかんヨーグルト:750円
  • かき氷 三重マイヤーレモンレアチーズ:800円
  • かぼちゃみるくカラメル:800円
  • 手作りみるくベリーココア:800円
  • 手作りみるくきなこ:750円
  • あずきトッピング:+100円
  • かき氷・ミルク:500円
  • トッピング・練乳:+100円

※こちらは口コミ投稿時点のものを参考に表示しています。現在のメニューとは異なる場合がございます。

最近のメニューはこんな感じらしいです。

2018年2月のメニュー

出典;僕の出身は福島県です。

色々調べていると、

  • 和歌山みかん
  • 苺ミルク
  • チョコミント

この3つの中から2つくらい注文している方が多かったですね。

特に伏見さんご出身の和歌山県さんの

みかんを使ったかき氷は絶品のようです。

2018年7月現在のメニュー

  • 紀州梅ヨーグルト
  • マンゴーみるく
  • マンゴー杏仁みるく
  • チョコミント

季節に応じた果物を使っているから、

いちごやみかんは限られた時期にしか食べられないようです。

facebookを覗くとその日のメニューが見られるので、

出かける前にチェックしておきましょう。

かき氷喫茶『バンパク』のfacebookはこちらから

今だったたチョコミントがおすすめみたいです。

かき氷喫茶『バンパク』の名前の由来は?

お店の名前が「バンパク」ってなんかおかしいですよね?

なんでこんな名前にしたんでしょうか。

そこには何か意図があったのか?

店名の「バンパク」は、店主の岡本太郎(特に大阪・万博記念公園に立つ「太陽の塔」)好きに由来。

引用:Yahooライフマガジン

かき氷関係ないんかーい!!!

そういやー伏野さんの個人のフェイスブックの写真も

岡本太郎さんがデザインした大阪万博の太陽の塔だっやっけ。

伏野亜紀さんの昔のfacebookはこちらから

色々やばい写真もあるから早めに消したほうがいいかも…

こんなのとか、

出典:facebook

こんなのも…

出典:facebook

なにしとんねん!

きっと若気の至りってやつだね。

伏野亜紀まとめ

と言うことで今回はかき氷喫茶『バンパク』を

一人で経営している伏野亜紀さんをご紹介して見ました。

ちょっと変わったところもありましたが、

根はとっても優しいのがAB型。

サービス精神も旺盛だし、

『バンパク』が繁盛しているのも伏野さんの人柄も

プラスされているんですかね。

Sponsored Links
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。