ハリル監督が10月中の進退会議で解任か?次期監督を予想してみた!

ロシアW杯アジア最終予選が10月11日が行われ、
日本はオーストラリア相手に1-1のドロー。

この結果を踏まえて日本サッカー協会は、
バヒド・ハリルホジッチ監督(64)の
進退会議を10月中に行うことを決めました。

ここでは、
オーストラリア戦を振り返りながら、
ハリル監督が解任になった際の
次期日本代表監督を予想してみたいと思います。

Sponsored Links

バヒド・ハリルホジッチのプロフィール

基本情報
・愛称 Coach Vahid(ヴァイッド先生)
・国籍:フランス
・生年月日:1952年5月15日
・出身地:ユーゴスラビア
・身長:182cm
選手情報
・ポジション:FW
引用;https://goo.gl/ZZRtmL

出典:https://goo.gl/9OxYaD

出典:https://goo.gl/9OxYaD

生い立ちは6人兄弟の4番目。
幼い時は近所にあったサッカースタジアムが遊び場。
中学生までは将来はエンジニアになるのが夢で、
電気工学を学びに移住するほどでした。

しかしその移住先モスタルという街に
サッカークラブがあり、
そこに入ったことがきっかけで
18歳の時、地元のプロサッカークラブの
FKヴェレジュ・モスタルの契約選手として入団。
エンジニアとしての夢を諦め、
サッカー選手として生きていくことを決めました。

その後いくつかのクラブチームを経験し、
1981年にナントへ移籍すると、
退団する1986年までに、
163試合に出場し、92ゴールを挙げ大活躍しました。

その後パリサンジェルマンに移籍し、
1985年に選手として引退しました。

その間にもユーゴスラビア代表にも選ばれました。

引退後は監督としての道を選び、
1997年から1998年まで監督を務めた
モロッコのラジャ・カサブランカでは、
国内リーグを2連覇、
1997年のCAFチャンピオンズカップを制し
アフリカチャンピオンに導いた実績があります。

オーストラリア戦や今までの試合を振り返って

ハリルホジッチ監督は10月11日の
オーストラリア戦後、
ドローにもかかわらず上機嫌で会見場にあわられました。

そして「満足すべきではないか」とコメント。

本当なら勝てていた試合だと、
記者も含め、テレビの前で見ていた私さえ思っていただけに、
ハリル監督のその言葉を聞き、
正直イラッとしました。

ロシアW杯のアジア最終予選で、
1戦1戦が大事な試合になってきて、
どの国も必死になって戦っている中、
「ドローで満足?」
ハリル監督の考えていることが
分かりませんでした。

オーストラリアは試合状況を見ていればわかるほど調整不足。

スタメンをいたときも正直
??って感じでした。
10月6日に行われたイラク戦を軸にすると思っていたので、
これで勝てるのかと率直に感じました。

清武は?
柏木は?

イラク戦で調子の良かった2人をなぜ使わないのか。

前日10日の会見では「ラッキーが試合を決める」と神頼み。
ピッチでは本田頼みも「サプライズを起こしました」と自画自賛。
試合後のロッカールームでの第一声「おめでとう」。
「斎藤は重圧につぶされると思って使わなかった」と言ってしまう始末。

などなど少し疑問視するようなコメントも言っていました。

原口元気をいたわってのコメントか?

オーストッリア戦1-0の後半に、
原口元気のがペナルティエリア内で、
FWユリッチ選手を後ろから押し倒してしまい、
まさかのPK判定。
1-1に追い付かれてしまいました。

ハリル監督は試合後、
原口元気に近寄り、
肩に手を当てて、おでこを近づけ、
一言二言つぶやいていました。

出典:https://goo.gl/W4Dldb

出典:https://goo.gl/W4Dldb

その意図はわかりませんが、
ハリル監督の一連のコメントは
原口元気をいたわってのコメントだとも
取れないでしょうか。

ドローになったのは
選手の誰のせいでもない。

監督である私の責任だと言いたげだと感じました。

2014ワールドカップで
アルジェリア代表を率いて
優勝国ドイツ代表を延長戦まで追い詰め、
敗戦後選手と抱き合って号泣したシーンは
「男泣き監督」として世界中のサッカーファンの心を掴みました。

ハリル監督は平静を装っていますが、
中身は日本男児並みに熱く、
そして情が深い監督なんです。

会見場で見せた態度は、
もしかしたら原口元気を守るための
コメントだったかもしれませんね。

Sponsored Links

ハリル監督が解任後の監督を予想

もしもハリル監督が解任された場合、
個人的に進めな監督が2人います。
それは、元日本代表監督の岡田武史と、
リオ五輪日本代表監督の手倉森誠です。

元日本代表監督の岡田武史

基本情報
・愛称:岡ちゃん
・生年月日:1956年8月25日
・出身地:大阪府大阪市
・身長:175cm
・体重:70kg
・選手情報
・ポジション:DF
引用:https://goo.gl/Eoj7RZ

出典:http://diamond.jp/articles/-/93324

出典:http://diamond.jp/articles/-/93324

2007年12月から
体調不良のイビチャ・オシムに代わり、
二度目の日本代表監督に就任した監督です。

日本を世界のベスト16まで押し上げた監督で、
この時のFIFAランキングは
13位だったのを覚えています。

このとき岡田監督は、
最終的なスタメンを調子の上がってきている選手を中心に考え決めた結果、
見事はまり、今までにないくらい日本のサッカーが
世界に通用するシーンを数多く見たような気がしました。

いやほんと強かったんですって!

このW杯南アフリカ大会では、
最終的にパラグアイにPK戦で負けてしまいますが、
帰国後の選手の顔は
晴れ晴れt顔をしていました。

やりきったって感じですね。

とういうことでまずは
岡田武史さんを監督に推薦したいと思います。

リオ五輪日本代表監督の手倉森誠

・愛称:テグさん
基本情報
・生年月日:1967年11月14日
・出身地:青森県三戸郡五戸町
・身長:172cm
・体重:74kg
選手情報
・ポジション:MF
引用:https://goo.gl/KatGra

出典:https://goo.gl/gwuivM

出典:https://goo.gl/gwuivM

あの歴代で一番見込みがないt言われた
U-23代表をオリンピックまで引っ張ってきた監督です。

U-23が招集された時は、
ほんとアジアでも一番弱んではないかというくらいのレベルで、
未来が見えない状態でした。

結果的にリオ五輪では
予選敗退となってしまいましたが、
個人的にはかなり頑張ったと思います。

その手腕を買って
私はA代表監督にオススメします。

そうそう手倉森監督は、
双子のお兄ちゃんなんですよ。
っていうかめっちゃ似てます。

そして手倉森監督の名物といえば、
試合後のギャグ
しかも記者に全く受けず、
変な空気になっちゃう有様。

ちょっと仙台の監督をやっていた時の
ギャグを幾つか紹介しますね。

・「博多の試合だけに『図った』ような得点だった」
・誕生日のケーキにかけて「ACLに景気よく進出できればいい」
・「就任“5季”目、『語気』を強めて優勝目指して頑張っていきたい」
・「サッコーニだけど、『速攻に(ソッコーニ)』来られるかな」
・鹿児島実業OBについて「鹿実だけにいい『果実』がたくさん実ってるよね」
・金鳥スタでのC大阪戦前に「『緊張』しないようにしたい」
・「角田を欠くんだ」
・怪我から復帰のMF梁について「起用は『今日(きよう)』考えたい」

これもA代表版のギャグが
聞いてみたいですね。

まとめ

なんだかんだ言って、
結局ハリル監督続投っていうのが日本なんですよね。

しかしハリル監督は、
以前コートジボワール代表では解任させられた経緯があるので、
なんとも言えませんが…

っていうか10月6日のイラク戦のスタメンでよくない?
と思っている方も多いハズ。

ボランチに山口螢と柏木陽介でいいじゃん。
トップ下に清武弘嗣で、
左に原口元気。
右に〜どうしよ〜
ん〜本田圭佑か?

そんでトップに小林悠か浅野拓磨でいいじゃん。
ダメ?

Sponsored Links

★こちらの記事も読まれています★

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。