梅田達也『ねこかつ』猫の譲渡条件や価格は3万円!口コミは?

Sponsored Links
テレビ

猫飼いたいなーと思っても、私アパート暮らしなので飼うことができまっしぇん。

(;´Д⊂) あう‥

いつか飼いたいなーと思っても、実際にペットショップに行くと、何十万という価格にびっくりして、飼うは良いけど餌代が心配になっちゃうますよね。

保健所はというと、意外に条件が厳しくて、なかなか引き取れなくて苦労した話はよく聞きます。

さて今回ご紹介する方は、元野良猫を引き取って、猫カフェ『ねこかつ』を経営する梅田達也さん。

梅田さんは2013年からいろんな理由で買えなくなった猫たちを引き取って、新たな飼い主を探す活動を続け、今までに1000匹以上の猫に家族を見つけてあげたそうです。

そんなところがあったのかと、目からうろこですよね。

ここで気になるのが、猫の譲渡条件価格3万円という話。

他にも口コミも気になりますね。

果たして譲渡条件は厳しいのか、それとも敷居が低いのか、3万円内訳をチェックしてみたいと思います。

それではどうぞ。

( `・ω・´)ノ ヨロシクー

Sponsored Links

梅田達也の生い立ちやプロフィールをチェック

情熱大陸で取り上げられるほど、今かなり注目されている梅田達也さんの保護猫カフェねこかつ』。

梅田達也さんは1972年の東京生まれの現在46歳

子供の頃から猫が大好きだったそうです。

その証拠に小学校の作文では、

大きくなったら保健所にいる猫を救いたい。

引用:情熱大陸

と飼いていたくらい、大好きだったんです。

°+(*´∀`)b°+°

私もよく野良猫に牛乳をあげては母親に怒られていたのを思い出しました。

猫ってなんであんなに可愛いんですかね。

ますます猫飼いたい病が悪化しました!

梅田さんが猫についていろいろ調べていく中で「動物愛護法」に興味を持ったそうです。

猫を守るなら弁護士になって、法の側から猫を救おうと思ったんですね。

その後、明治大学法学部に進学して弁護士を目指しますが、司法試験に不合格!!

人生\(^o^)/オワタ

と、そこでめげないのが梅田さん。

一度は外資系の流通企業に就職しましたが、東日本大震災で取り残された動物たちをみてショックを受け、会社を辞めて2013年保護猫カフェ「ねこかつ」をオープンしました。

保護猫カフェ『ねこかつ』の場所はどこ?

現在、埼玉県川越市とさいたま市の2店舗ある保護猫カフェ『ねこかつ』。

料金は1人1時間1000円。

平日のお客は20人ほどですが、闇にになると70人~80人の客が訪れる人気スポットになっています。

それぞれの店舗をチェックしていきましょう。

●川越店

  • 営業時間:12:00~20:00
  • 定休日:毎週月曜日(祝日の場合は営業翌日火曜日)
  • アクセス:西武新宿線本川越駅徒歩約2分・JR川越駅徒歩約10分
  • 営業者:梅田達也
  • 名 称:保護猫カフェねこかつ
  • 所在地:埼玉県川越市新富町1-17-6 3F
  • 種 別:展示業
  • 登録番号:0176
  • 登録年月日:2013/3/8
  • 有効期間の末日:2023/3/7
  • 動物取扱責任者:梅田達也

●大宮日進店

  • 営業時間:12:00~20:00
  • 定休日:毎週月曜日(祝日の場合は営業翌日火曜日)
  • アクセス:JR日進駅より徒歩約5分
  • 営業者:梅田達也
  • 名 称:保護猫カフェねこかつ大宮日進店
  • 所在地:埼玉県さいたま市北区日進町2-851-1 MKビル2F
  • 種 別:展示業
  • 登録番号:0751
  • 登録年月日:2018/3/16
  • 有効期間の末日:2023/3/15
  • 動物取扱責任者:熊倉梨絵

梅田さん、最近のSNSをフル活用して宣伝していますね。

どのSNSも可愛い猫の写真がたくさんあるので、ずっと見ていても全然飽きません。

よかったら見てみてくださいね。

・保護猫カフェ『ねこかつ』公式WEBサイト

・インスタグラム

・「ねこかつ」店長ブログ

・フェイスブック

・twitter

 

View this post on Instagram

 

おねむ(-_-)zzz たいちゃん✨ @大宮日進店 #ねこ #保護猫 #保護猫カフェ #川越 #日進 #里親募集

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿 –

Sponsored Links

保護猫カフェ『ねこかつ』譲渡条件は?

さてここからが本題で、猫は飼いたいけど、譲渡条件が気になりますよね。

保健所より厳しかっらどうしようかと不安な方のためにチェックしておきましょう。

1:猫選び

この子を家族に迎えたい!!という猫ちゃんがいましたら、お近くのスタッフまでお声がけください。スタッフより、猫の性格や年齢・譲渡条件などをお話しさせていただきます。

2:受け入れ準備

アンケートにご記入いただき、条件があいましたら、お届け日時等の打ち合わせをさせていただきます。

  • 注意1:その場で猫をお持ち帰りになることはできません。後日ご自宅までスタッフがお届けに上がります。
  • 注意2:お届けまでに、ごはんやトイレをご用意ください。

3:相性

お届け日から1~2週間程度のトライアル(お試し飼い)が始まります。

先住猫ちゃんやワンちゃんがいる場合は、相性などをみていただく期間となります。

4:譲渡

トライアル期間終了後に、再度お会いさせていただき、本譲渡となります。

引用:保護猫カフェ『ねこかつ』

というのが一連の流れになっていますが、全然条件が厳しくないですね。

条件というよりもむしろ「相性」の方が重要視しされているのがわかります。

あえて厳しい条件を挙げるとしたら、アンケートの結果によっては譲渡できない場合もあるかと思います。

ペットとはいえ、家族の一員になるわけですから、飼ったは良いけど、すぐに捨てられたんじゃ話にもならないですからね。

当然飼い主の人柄や家族数なんかもチェックは入ると思います。

まずは譲渡会やイベント情報をチェックして、一度、保護猫カフェ『ねこかつ』に行ってみるのが良いですね。

・保護猫カフェ『ねこかつ』譲渡会イベント情報はこちら

譲渡にかかる料金3万円の内訳

さて次の問題は価格ですよね。

3万円と言われていますが、その内訳を見てみましょう。

本譲渡の際、お約束事項を記載した書面にサインをいただき、医療費の一部負担金として、一頭につき30,000円をいただきます。(一部負担金の内訳:不妊去勢手術ワクチン接種マイクロチップウイルス検査寄生虫駆除その他医療処置費用

引用:保護猫カフェ『ねこかつ』

ペットショップで買うより安く、保健所で引き取るよりも条件が軽いから、利用するなら梅田さんの保護猫カフェねこかつ』を利用するのが一番かもしれませんね。

ペットショップだと、いろんな黒い噂もありますしね…。

Sponsored Links

保護猫カフェ『ねこかつ』料金設定

次は保護猫カフェ『ねこかつ』にかかる料金を見ていきましょう。

料金

  • 30分:600円
  • 1時間:1000円
  • 以降30分毎:+400円

平日限定「半額」対象者

  • 65歳以上の方
  • 障がい者の方&ご同伴の方(1名様まで)
  • 野良猫の餌やりさん(野良猫は全頭不妊・去勢手術済みに限定)

入店条件

  • 「毛皮製品」着用の方の入店をお断り
  • 襟元のファーやキーホルダー不可
  • 靴下の着用

なぜ「毛皮製品」着用の方の入店をお断りなのかというと、その毛皮に使われている動物のことを深く考えてほしい絡んんだそうです。

毛皮製品」い使われている毛皮は、動物が生きたまま毛皮を剥がされているなど、極めてひどい方法で作られているんです。

梅田さんはそのことをもっといろんな人に知って欲しくて、こういう活動をしているんです。

 

View this post on Instagram

 

ちっこトントンで バンザーイ☺️✨ @川越店 #ねこかつ #保護猫 #保護猫カフェ #川越 #日進 #里親募集

保護猫カフェねこかつ@川越&大宮日進さん(@hogonekocafe_nekokatsu)がシェアした投稿 –

保護猫カフェ『ねこかつ』の口コミ

  • お店の動物愛を強く感じます。
  • 猫タワーの一番上にいた黒猫には、「シャー!」って、威嚇されましたが、ほとんどの猫は触られても大丈夫な猫たちでした。
  • 手を洗いにトイレを借りましたが、とても綺麗な男女兼用のトイレでした。
  • かなり一生懸命なので、里親に手をあげても、きついこと言われます。
  • 我が家は中年夫婦ですが、[高齢者になったらダメ]と言われました。
  • ここのネコたちはとても人懐こくて、癒されます。
  • とにかく癒されました。毎週行きたいです。
  • 都内の猫カフェよりも広くて、料金が安いです。

引用:トリップアドバイザー

どうやら年配の方への譲渡はちょっと厳しそうですね。

それも猫のことを思ってのことだと思いますので、譲渡の相談は慎重になるんだと思います。

それでも親身になって、猫を飼いたい想いをちゃんと伝えればきっと通じると思うので、どうしても飼いたいという方は持久戦も必要かもしれませんね。

まとめ〜る

というわけで今回は、猫カフェねこかつ』で、野良猫や、どうしても買えなくなってしまった猫を引き取って、2013年から約1000匹以上の猫に家族を作ってあげた梅田達也さんの生い立ちや、お店の情報、譲渡条件や価格をチェックしてみました。

どうです?

一度、猫カフェ『ねこかつ』に行ってみたいと思いませんか?

別に、飼う目的じゃなくても、猫と触れ合うだけでも十分で、かなり癒されると思うんですよね。

私も今のアパートでは猫が飼えないのので、近くに寄った際は行ってみたいと思います。

Sponsored Links

コメント

  1. べてぃ より:

    ペットショップは高いから保護猫がおすすめなんて大きな間違いです。保護猫も病気になれば何十万円とかかって来ます。病気にならなくてもワクチンや検診、質の良い食事など、生涯に渡ってお金がかかります。お金に余裕がない人は生き物を飼うべきではありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました