プレステ5(PS5)発売日やデザイン情報!スペックや新機能がすごい!

Sponsored Links
ガジェット

皆さんはプレイステーションをなんて呼びます?

プレイステーション?

プレステ?

PS?

ちなみに私は「プレステ」です。

そんなプレステももう「4」まで発売されていて、日本はもちろん海外でも人気のゲームハードの定番となっています。

そこで気になるのは時期ハードの情報。

そう『プレーステーション5』です。

ここでは発売が待ち遠しい『プレイステーション5』の発売日デザイン情報、他にもスペック新機能についても調べて見たいと思います。

それではどうぞ。

(っ′∀`)っ よろしくね☆*゚*

Sponsored Links

発売日情報

初代プレステが発売されたのは1994年。

未成年の方はまだ生まれてもいなかった年に発売され、当時はかなりの人気でした。当然私も買いましたよ。

使い込み過ぎて、最終的にはゲームを読み込むレンズに傷がついてしまったほど。

2〜3台買った人もいると思います。

そのくらい人気だったんです。

それではまず、初代プレステから4までの発売日をチェックして見ましょう。

  • PlayStation1:1994年
  • PlayStation2:2000年
  • PlayStation3:2006年
  • PlayStation4:2014年

上記の発売年を見てみると6年から8年周期で発売されています。

E3 2019への不参加を表明したソニーですが、これによりPlayStation5の発売時期も2020年になる可能性が高くなってきました。

海外メディアKotakuはこう報じています。

E3不参加は、ソニー次世代機の発表タイミングのヒントになるものにもなるだろう。

ゲーム開発者との話し合いをもとに推測するに、PS5は2020年に発売されると思う。ソニーのE3不参加は明らかに2020年発売を示唆するものである。

引用:kotaku.com

具体的な情報が入ってきましたね。

2020年というと東京オリンピックの年ですが、その前になるのか後になるのかがとても重要だと思います。

東京オリンピック前になるなら、オリンピック関係のゲームが多数発売されるし、相乗効果もあり、経済効果もすごいことになりそうですね。

それと、プレイステーション3・4はどちらも11月に発売されていることから、ネット上でも5も11月ではと噂されています。

価格情報

世界的なメディア『フォーブス』の記事によると、発売時のXbox Oneと同じ価格で、PS4よりも100ドル高い、499ドルと予測しています。

8Kグラフィック、SSD、レイトレーシング(最新のグラフィック技術)、後方互換性(PS4やPS3などのソフトが遊べるようになる機能)などなど、CPUとGPU、物理メモリーなどが搭載され、5万6000円ほどなるという予想

しかし、それは確かに危険な価格です。

引用:フォーブス

消費税が10%になったら税込だと6万円を超えます。

でもこの値段だったら手が出る方も多いと思いますが、万が一、10万円を超えるようなことになれば、売れ行きにかなり影響が出ると思います。

デザイン情報

現在、ネット上でよく見られるプレステ5の画像は、ソニーの公式な発表がないまま、全て個人の妄想のデザインです。

実際の発表はまだまだ先になると思われますが、「これがプレステ5か〜」と騙されている方は気をつけてくださいね。

これは全てイメージです。

ソニーのことですから、かなりかっこいいデザインを出してくると思います。

でも初期ロットって必ず不具合があるんですよね。

発売と同時に購入して先駆者になるか、初期不良が改善されて購入するか悩みの種です。

デザインもそうですが、使いやすさにも重点を置いてデザインしてほしいですね。

よくネットで盛り上がるのは初期不良もそうですが、使いやすさでも盛り上がるんです。

頑張ってよソニー!

追記:スレイステーション5のコントローラーのリーク?

これが本物だという証拠はありませんが、あくまでも噂です。

追記:PS5が携帯機?Switchをパクるのか!?

インタビューの中で小寺CEOは、ポータブルとコンソールを切り分けるよりは、ポータブルゲームをよりよいゲーム体験を提供するための一つの手段として捉え、顧客がポータブルゲームに何を望んでいるかを

継続的に考えていく必要があります。

われわれは多くの選択肢を検討しています。

と語りました。

引用:Yahooニュース

ということは可能性の一つとして、Switchのような選択枠もあるということですね。

しかしソニーが出した携帯ゲームで唯一成功したのはPSPがありますが、PSP GOに関しては完全に不発だったため、いささか不安が残ります。

ただPSP GOに案してはその性能や環境に関していうと、かなり最先端だったように思え、時代を先取りしすぎた結果だったと個人的には思っています。

追記:フェイク動画?


完全にフェイク?というよりもコンセプトデザインだから、実際にこのデザインになるかはまだ不明です。

ん〜良くみてみると、昔の3DSに似てません?

Sponsored Links

スペックや新機能がすごい!

さて現在、プレステ4のスペックに関しては次のことが盛り込まれるのではないかとされています。

VR対応(PS5発売に合わせて軽量化)?(ニュースより)

もしかしたらPS5発売と同時期にPSVRの改良版を当ててくる可能性があり、4K対応薄型軽量と様々な改良を施し発売してくると思われます。現在発売されているPSVRは価格は5万円くらいと安くなったとはいえ、まだまだ普及率でいうとそこまで高くはありません。

当然価格も個人的には3万円代でお願いしたいところですね。

グラフィックはスーパーリアリズムを採用?(予想)

簡単にいうと、ほぼ実写のグラフィックということ。このモーガンフレーマンは写真じゃなくて完全にグラフィックこれ、絵なんです。

iPad Art – Morgan Freeman Finger Painting

ね?

要はこれが動くということ。でもこれ完全にプログラマー泣かせ。

しかしプレステ3から4になり、CPUもGPUもマルチコアは当然のようにあり、それ用の開発環境もこなれてきてるから結果的に楽になっているようなので、開発側が改善されています。

それを考えるとプレステ5の発売初期よりもプレステ4同様に後期型の方が良ゲーが多くなってくるのかもしれませんね。

次世代CPU搭載(米AMDのRYZEN搭載か?)(予想)

RYZENは最大8コアの16スレッドで動作するハイエンドCPU

動作クロックは3.4GHz以上。

合計20MBものキャッシュを備え、AM4プラットフォームをサポート。

従来のExcavatorアーキテクチャのプロセッサと比較して40%のIPC向上を達成しているそうです。

しかも、ソニーがPS5でのAMD最新のCPU採用を確定しています。

4K解像度で60fps(予想)

4K解像度で60fpsというスペックをプレステ4を基準にして考えると、プレステ5では4の4〜5倍のCPUやVGAの能力が必要なんだそうです。

しかしドライバの最適化が製作者側にできるかによってかなり変わっくるので、そこが問題化するのではと考えている方もいるようです。

そして4Kではビデオメモリが特に必要なので、そこをどう改善していくかが課題ですね。

追記:コメントいただきました
4K60fpsってことは最低でもGTX1070以上のスペックのGPUが必要、それも2年後でもおそらく3万5000はする。
それに加えてマザーボードに電源にケースにBlu-rayかそれ以上の規格のを読み込めるドライブを搭載するからこんなスペックじゃ16万円で元取れない。

ストレージ容量は2TBのSSD(予想)

最近はやりのSSD。

私もやりましたがHDDからSSDへの換装が流行るほどこおSSDってのはかなり爆速。

しかもSSDは熱を持たないので故障しないとも言われていて、プレステ5への搭載もありえるかもしれませんね。

しかし容量によっては割高にるかもしれません。

追記:コメントいただきました
SSD2TBだけで5万じゃ買えないしRyzenの8コアつまりRyzen7匹敵のCPU使ったらそれだけで3万行くしメモリ64GBとかDDR4規格だとして4万じゃ無理二年後でもこの値段でも無理

64GBのRAM(予想)

よくメモリとROM、RAMって何が違うのって話もありますが、メモリ(ROM・RAM)ということで、RAMとはメモリのひとつってこと。

もしプレステ5に64GBのRAMが搭載するようになれば、それはもうハイスペックなPCと考えていいでしょう。

中途半端ではない、最高GBのRAMです。

クラウドゲーミング機能(予想)

簡単にいうとソニーがプレステ5用のサーバーを用意して、それを介してゲームができるという機能なんです。

ソフトは全てダウンロード。

しかしこれって使っているPCのスペックがかなり影響されるから、低スペックのPCでは動作しない可能性が十分に考えられます。

しかもPCのモニタが4Kじゃないと文字すら読めない可能性も出てきます。

しかしソニーの発表ではなんらかのハードでプレステ5を検討しているというので、クラウドゲーミング機能は可能性としてはもう少し先になりそうですね。

追記:PS5に後方互換性でソニーが特許申請か?(ニュースより)

プレステ4の売れ行きはまだまだ順調で、ここでいきなりプレステ5ではプレステ4おゲームは遊べませんとなると、雲行きが怪しくなってくると思うのは、私だけではないと思います。

実際に特許を出願ちゅうということなので、プレステ5では4のゲームが遊べると思って良いでしょう。

しかしその分価格が跳ね上がるのは必須。

その辺が一番気になりますね。

流石に10万円は超えないと思っていますが、超えたらさらに揺れ行きに影響しそうですね。

追記:10.7テラフロップス以上の性能?(ニュースより)

・開発機が広く出回っているという噂もあるが、PS5の概略を知っている人間の数はいまだ「非常に限られている」。例えばDICEのような企業でも、おおよそのスペックを知る人間は一握りのエンジニアだけだ

・そのためリークはほとんど出ないはずだ。唯一確実に判っていることは、PS5のマシンパワーはGoogle「Stadia」の10.7テラフロップス超えを目指していることだけ。

引用:twistedvoxel

Sponsored Links

追記:マルチプレイゲームに力を入れる?(ニュースより)

我々はストーリー重視のゲームにとても入れ込んできました。

物語が持つパワーは凄まじく、大規模で、壮大なゲーム体験をお届けしてきました。

しかしマルチプレイゲームの方はそこまでなかったと思います。

これから(PS5)の期間は、その部分で我々が大きく評判になっていくと思います。

引用;BUSINESS INSIDER

マルチプレイゲームというと、今ならバトロワ系のゲームですよね。

これにはネット上では心配な意見が多く、ソニーにはストーリー性のある得意分野で頑張って欲しいという意見が多数。

マルチもいいいけど、シングルプレイも今までと変わらす続けて欲しいという意見がありました。

確かにいきなりマルチプレイに完全移行するのではなく、今までのソニーのいいところは残して欲しいねですね。

追記:世代間マッチングプレイが可能に(ニュースより)

簡単にいうと、PS5プレイヤーがPS4プレイヤーと同じゲームを一緒に楽しめる「世代間ゲームプレー(cross-generation gameplay)」も用意されるようです。

賛否両論ですが、若い人向けというより、おっさん向きの昨日かもしれませんね。

それと、ゲーム内の上手い下手を分けることもできそうだし、ある程度レベルに応じたマッチングが可能かもしれませんね。

段階的に上手くなって行くにはいい機能かも。

あーでもそれはハードの特性じゃなくてソフトの特性か…

追記:次世代PlayStation5のプラットフォーム公式発表(ニュースより)

箇条書きにすると以下の内容がプレイステーション5に採用されるようです。

  • PlayStation 4(以下,PS4)プラットフォームとの互換性あり
  • Zen2のマイクロアーキテクチャを採用する8基のCPU
  • AMDの次世代GPUコアである「Navi」をベースとしたカスタムGPU
  • 8K解像度のグラフィックス表示やレイトレーシングにも対応
  • 3Dサウンド用のカスタムユニットもプロセッサに統合
  • ストレージにはPC用よりも広帯域なSSDを採用
  • 読み出し速度はPS4の18倍
  • 光学ドライブ搭載
  • ダウンロード配信だけでなくディスクメディアも可能
  • ゲームストリーミングサービス採用

かなり具体的な話になってきたので、なんだかワクワクしてきましたね。

Sponsored Links

同時発売ソフトを予想

さてまずはプレステ4が発売になった時に同時発売されたソフトを見てみましょう。

  • ニード・フォー・スピード ライバルズ
  • バトルフィールド4
  • FIFA 14 ワールドクラスサッカー
  • 真・三國無双7 with 猛将伝
  • 信長の野望・創造
  • コール オブ デューティ ゴースト
  • トゥームレイダー ディフィニティブ エディション
  • アサシン クリード IV ブラック フラッグ
  • NBA 2K14
  • 龍が如く 維新!
  • KILLZONE SHADOW FALL

プレイステーションのゲームというと、個人的にはアーマードコアグランツーリスモエースコンバットファイナルファンタジーなどがありますが、どれもプレステ4が発売されたと同時には発売されていません。

そうしたゲームはちょっと後になりそうですが、やはりプレステ5が発売となれば、それに対応したゲームが欲しくなりますよね。

そしてそれは販売戦略さえちゃんとしていれば必ず売れるということ。

ちょっと面白くなくても売れちゃうのが初期ロットの同時発売の魅力なんです。

とはいうもののプレステ4との同時発売したゲームを見てみると、結構洋ゲーが揃ってますよね。

特にコール オブ デューティアサシン クリード IV ブラック フラッグは洋ゲーですが今でも評価が高いゲームです。

日本から発売されている龍が如く 維新!も人気でしたね。

これを考えると、プレステ5と同時発売するゲームはかなり良ゲーが揃っていると考えても良いと思います。

特に洋ゲーはかなり注目ですね。

プレイステーション5(PS5)をまとめ〜る

ということで今回はプレイステーション5(PS5)について調べてみました。

調べた結果、ソニーからの公式な発表はほとんどなく、あくまでも予想という情報が色々ありました。

結果まとめると…

価格(予想)

  • 5〜6万円

発売日(予想)

  • 2020年

プラットフォーム(公式発表)

  • PlayStation 4(以下,PS4)プラットフォームとの互換性あり
  • Zen2のマイクロアーキテクチャを採用する8基のCPU
  • AMDの次世代GPUコアである「Navi」をベースとしたカスタムGPU
  • 8K解像度のグラフィックス表示やレイトレーシングにも対応
  • 3Dサウンド用のカスタムユニットもプロセッサに統合
  • ストレージにはPC用のSSDよりも広帯域なSSDを採用
  • 読み出し速度はPS4の18倍
  • 光学ドライブ搭載
  • ダウンロード配信だけでなくディスクメディアも可能
  • ゲームストリーミングサービス採用

まだ詳しい正式な情報や噂が入り次第、どんどん追記していきたいと思いますので、楽しみにしていてくださね。

(≧∀≦)ノ 読んでくれて、ありがとう♪

Sponsored Links

コメント

  1. タカクリュウゾウ より:

    もしもPS5がもらえたらいいな

  2. 夕子 より:

    でも7万から8万なら高過ぎ!

  3. t.p より:

    PS3を$599で発売して高すぎて売れず大失敗し、反省してPS4を$399で売って大成功したわけなんだけど….
    今までの流れ見てたらどう考えてもPS5が7,8万になるって予想はできないし、そもそも2020年にこの記事のスペックで出したら20万越える。

  4. zen2が楽しみなん より:

    RAM64GBっていったら最低でも32枚のメモリチップが必要。(HBM2でも8枚)
    だからせいぜい積んでも16GBじゃないのかな・・・そしたら出る頃には16GBで8千円くらいになるのかな?
    それにSSD2TBだと2年後に出るとしても45000×2/3×2/3でだいたい2万円くらいする。
    CPU,GPUはセミカスタムで1万5千円くらいに抑えてきそう。
    結論
    5万くらいする。PS5だけに

  5. なもない より:

    PS5はオリンピックに合わせて発売すれば、宣伝効果高いと思うんですけどね。

  6. PS5 は もう作らないほうが 身のためだと思う 売れないよ そんな時代じゃない 

  7. なもない より:

    末端価格で製造コスト考えてる馬鹿しかおらんのか

  8. gggg より:

    SONYの決算見ても未だにps4が利益出してるし 2019年発売はありえない PS5自体は完成してるだろうけどね
    性能は割と高いと思うけど RAMとか他はps4からほとんど変えないだろうしCPUは 7nmのZen2に GDDR6のnavi ならGTX1070以上 1080未満か同等
    コストもそんなにかからないし 5万9000円くらいが現実的
    PRO出るなら8万くらいしそうだけど

  9. オレ より:

    ひとつだけ確実に言えるのは小売価格で計算しちゃうバカの話は聞く価値無し。
    あと絶対に5万以下にするから。
    6万だ7万だ言ってるやつは経済感覚ヤバいよ。
    する訳がない。5万以上だったら足りない分俺が出してやるよ。

    ゲーム機ってのは数千万台が期待できるわけ。
    つまり、独占契約+スケールメリット+逆ザヤ販売などで大分安く出来る。
    そういう基本的なビジネスを知らないガキがアホな噂立てて騒いでる。PS4の時もそうだったが結局俺の予想通りにしかならなかった。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました