別府大分毎日マラソン2019日程やコース詳細を確認!招待選手もチェック

Sponsored Links
スポーツ

まだまだ寒い時期は続きますが

都会では少しづつ春の匂いがしてくる時期ですね。

 

私は田舎住まいなので

都会の暖かさが羨ましいですよほんと!

 

しかも乾燥肌なので寒くなると

暖房とか温水とかの影響で

すぐに肌がカサカサ状態になってしまいます。

 

少しでもジョギングや運動でもすれば

軽減されると思うんですが足が動きません。

 

ということでジョギングといえばそうマラソンですね。

 

2019年も数々のマラソン大会が開かれ

一般で出場する人も多いと思います。

 

そして2020年夏季オリンピック代表選考の統一レースとなる

マラソングランドチャンピオンシップの出場権をかけた

「MGCシリーズ対象レース」の一つに選ばれています。

 

ということでここでは

別府大分毎日マラソン2019

開催日程はもちろんですが、

コース詳細についても確認して行きたいと思います。

 

最後には気になる招待選手もチェックしてみましょう。

 

それではどうぞ。

Sponsored Links

別府大分毎日マラソン2019の開催日程は?

出典:別府大分毎日マラソン2019

主催者名:九州陸上競技協会・大分県・大分県教育委員会ほか

開催期間:2019年2月3日(日)

スタート時間:ひる12時

開催場所:大分県大分市

開催エリア:大分市高崎山・うみたまご前

種目:フルマラソン

引用:https://www.betsudai.com/index.html

公式ホームページはこちらからどうぞ。

毎年2月の第一日曜日に開催され、

2019年で68回目を迎える歴史ある大会です。

 

昨年2018年の結果は

男子1位は南アフリカのデスモンド・モクゴブ選手で、

日本人最高順位は2位の園田隼選手でした。

女子の1位はメモリード所属の吉富博子選手、

2位はAC KITA所属の山口遥選手でした。

 

ちなみに、

ノーベル医学生理学賞を受賞した

京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授は

3時間25分20秒の自己ベストで完走した。

別府大分毎日マラソン2019のコース詳細をチェック

次は別府大分毎日マラソンの

コース詳細をチェックして行きましょう。

 

別府大分毎日マラソンは、

大分県大分市の大分マリーンパレス水族館“うみたまご”をスタート、

大分市営陸上競技場をゴール、

別府市の亀川バイパス(別府市中央浄化センター付近)を

折り返し地点として42.195kmです。

 

2017年大会ではハーフの関門制限1時間45分でしたが、

2018年大会では20kmで関門制限1時間40分に変更となっています。

 

2019年のフルマラソンのコースは

2016年に変更されてから変わりません。

 

基本的にはアップダウンが少なくフラットなコースで、

好記録を生みやすくなっていると思うかもしれませんが、

意外とそうではないんです。

 

海沿いのコースを走るため、風の影響を受けやすいんです。

 

特に、別大国道の区間は風をさえぎるものがなく、

海からの風をまともに受けます。

この海風が選手の体力を消耗させるため、

平坦なコースではあるが、

記録を出すのは容易なことではありません。

出典:別府大分毎日マラソン2019

ダウンロード版はこちら(PDF:176KB)

出典:https://goo.gl/yXjpH2

Sponsored Links

別府大分毎日マラソン2019の招待選手もチェック!

こちらの情報は選手が発表され次第、

海外選手と国内選手と一緒に追記しますね。

昨年を参考にしてみると

だいたい1月中旬から下旬ごろの発表に

なると思いますので楽しみにしていてくださいね。

▪️ヒシャム・ラクーアヒ

年齢29
生年月日1989.6.13
身長/体重165/51
所属(国籍)モロッコ(MAR)
自己最高記録2.08.27
大会名・順位
(開催年)
リスボン6位(2018年)
RaceLisbon
その他の主な記録2.10.06(18年群山2位)

▪️アブデラ・ゴダナ

年齢26
生年月日1992.9.11
身長/体重173/55
所属(国籍)エチオピア(ETH)
自己最高記録2.08.32
大会名・順位
(開催年)
中央ソウル3位(2018年)
RaceSeoul
その他の主な記録2.09.45(17年中央ソウル4位)

▪️ジャスタス・キプロティチ

年齢22
生年月日1996.3.9
身長/体重167/50
所属(国籍)ケニア(KEN)
自己最高記録2.09.28
大会名・順位
(開催年)
ミュンスター1位(2018年)
RaceMunster
その他の主な記録2.11.11(18年ハノーバー4位)

▪️デスモンド・モクゴブ

年齢30
生年月日1988.11.23
身長/体重165/51
所属(国籍)南アフリカ(RSA)
自己最高記録2.09.31
大会名・順位
(開催年)
別大毎日1位(2018年)
RaceBeppu-Oita
その他の主な記録2.10.51(17年ロッテルダム12位)

▪️イフニリグン・アダネ

年齢22
生年月日1996.2.29
身長/体重165/52
所属(国籍)エチオピア(ETH)
自己最高記録2.09.48
大会名・順位
(開催年)
ドバイ11位(2016年)
RaceDubai
その他の主な記録2.10.45(17年ベイルート2位)

▪️上門大祐

年齢25
生年月日1993.12.11
身長/体重175/59
所属(国籍)大塚製薬(JPN)
自己最高記録2.09.27
大会名・順位
(開催年)
福岡国際6位(2017年)
RaceFukuoka
その他の主な記録2.11.07(18年ベルリン8位)

▪️園田隼

年齢29
生年月日1989.4.5
身長/体重165/50
所属(国籍)黒崎播磨(JPN)
自己最高記録2.09.34
大会名・順位
(開催年)
別大毎日2位(2018年)
RaceBeppu-Oita
その他の主な記録2.10.31(18年福岡国際5位)

▪️萩野皓平

年齢29
生年月日1989.12.8
身長/体重174/58
所属(国籍)富士通(JPN)
自己最高記録2.09.36
大会名・順位
(開催年)
東京12位(2018年)
RaceTokyo
その他の主な記録2.11.42(15年長野3位)

▪️橋本崚

年齢25
生年月日1993.9.26
身長/体重170/54
所属(国籍)GMOアスリーツ(JPN)
自己最高記録2.10.19
大会名・順位
(開催年)
ゴールドコースト4位(2017年)
RaceGold Coast
その他の主な記録2.11.40(18年福岡国際9位)

▪️伊藤大賀

年齢32
生年月日1986.10.22
身長/体重168/58
所属(国籍)スズキ浜松AC(JPN)
自己最高記録2.10.52
大会名・順位
(開催年)
別大毎日5位(2017年)
RaceBeppu-Oita
その他の主な記録2.11.15(13年東京15位)

▪️大崎翔也

年齢27
生年月日1991.8.1
身長/体重169/56
所属(国籍)中電工(JPN)
自己最高記録2.11.03
大会名・順位
(開催年)
ゴールドコースト6位(2017年)
RaceGold Coast
その他の主な記録2.12.07(17年びわ湖毎日8位)

▪️岡本直己

年齢34
生年月日1984.5.26
身長/体重176/57
所属(国籍)中国電力(JPN)
自己最高記録2.11.29
大会名・順位
(開催年)
北海道1位(2018年)
RaceHokkaido
その他の主な記録2.13.31(17年東京21位)

▪️大六野秀畆

年齢26
生年月日1992.12.23
身長/体重168/51
所属(国籍)旭化成(JPN)
自己最高記録1.01.32
大会名・順位
(開催年)
丸亀ハーフ7位(2016年)
RaceMarugame
その他の主な記録1.02.24(18年函館ハーフ3位)
※No14.髙田千春選手(JR東日本)、No.19谷川智浩選手(コニカミノルタ)は欠場。

別府大分毎日マラソン2019のまとめ

ということで今回は

別府大分毎日マラソン2019について

調べてみました。

 

選手たちにとってはたまったものじゃないですが、

例年、コースを間違えたり、

ペースメーカーが遅いという

ハプニングが起こる日本のマラソン大会ですが、

別府大分毎日マラソンでは

どんなハプニングが起こるのかも楽しみの一つです。

 

ゲスト解説に増田明美さんが出てくれると

テレビで見ていても面白いんですけどねー。

選手の裏の裏情報がかなり出てきて、

見ていて全然飽きないんですよ。

 

2016年のゲスト解説は増田明美さんだったんですが、

2017年は中部電力の油谷繁監督、

2018年は青山学院大学の原監督でした。

 

まっすー出ないかなー…

Sponsored Links

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました