iPhone11発売日やデザイン情報!スペックや新機能がすごい!

Sponsored Links
ガジェット

アップルの秋のイベントで早速新型iPhoneが発表されると噂されています。

iPhone8Xを買えなかったユーザーや、コレクションしているユーザーまでその期待値は高い。

スティーブ・ジョブズ亡き今、新たば方向性を打ち出していかないと、iPhone8やXの発表は個人的に以前のような革新的なiPhoneではなかったので、1990年代前半ののアップル業績不振が再び来るのではないかと個人的に懸念はしています。

ということで今回は、新型iPhone11(仮称)について、発売日デザイン情報、他にもスペック新機能についてもチェックして行きたいと思います。

それではどうぞ。

Sponsored Links

iPhone11の名称が気になる!

出典:ITmedia Mobile

iPhone8やXが発売された2017年、「9」が欠番している理由として、ネット上では「ジョブズの呪い」と噂されています。

そもそも「ジョブズの呪い」とはジョブズが亡くなったのはちょうどiPhone4sが発売される直前、「4」が「死」と取れるため、「9」も「苦」だからナンバリングから外したと噂されていますが、なんとも日本的な発想なのでデマだと思われます。

ネットで検索していると、iPhoneXが発売されたことにより、ここでひとまず区切りをつけて、iPhone11からは新たな名称でナンバリングしていくという噂もあります。

例えば「iPhone ELISE」とか違った名前にね。

ということはかなり革新的な変革が行われると、個人的には予想しています。

例えば全面(面も裏も)ガラスとか、ボタンなしとか、他にはiOSに変わる新しいOSの登場とか。

考えるだけでワクワクしますね。

iPhone11の発売日は?

さてお次は発売日。巷では2019年の秋のイベントで何かしら発表があると言われていますが、とりあえず今までのiPhoneの発売日をチェックしてみたいと思います。

  • iPhone3G:2008年7月11日
  • iPhone4:2010年6月24日
  • iPhone5:2012年9月21日
  • iPhone6:2014年9月19日
  • iPhone7:2016年9月16日
  • iPhone8:2017年9月12日

とまあ時期的にはこんな感じですが、これを見ると2019年は必ずしも新型iPhoneの発表があるとは言い難いですね。

しかもiPhone11からは全く新しい名称で発売されると噂されているので、「革新的なiPhone」と考えると、2020年の発売が濃厚だと思います。

それでも2019年秋に発表があるとすれば、iPhoneXに毛が生えたようなものだと思います。

結論的には2019年のiPhoneは期待しないほうが、いいかもしれませんね。

iPhone11のデザイン情報

2018年も早々になんと新型iPhoneのデザイン情報が流出しました。

新型iPhoneが流出!?過去最大の画面サイズ!

引用元はこちら(秒速SUNDAY)

出典:秒速SUNDAY

流出していたのはこちらのガラスパネル。

上部にあるノッチ部分が現在のiPhoneXとそっくりです。

ただサイズは大きくなっており、6.5インチとこれまでに最大のスクリーンサイズを誇ります。

これがもし事実であれば名前は「iPhoneX Plus」ということになるのでしょう。

引用:秒速SUNDAY

おいおいまたでかくなるのか?

百歩譲ってでかくなるのはいいとしても、これ以上重くなるのだけは勘弁ですよ。

しかも記事の内容だとiPhoneXPlusだと予想しているので、革新的な機種ではないですね。

3機種の新型iPhoneが登場!?

ロシア語サイトのWylsa.comが公開したレンダリング画像です。

Wylsa.comはこちら

出典:Wylsa.com

記事によると左から、

  • iPhone X
  • 6.1インチの新型iPhone(iPhone 9)
  • 6.5インチの新型iPhone(iPhone X Plus)

となっていて、全モデルにノッチが搭載され、ホームボタンがありません。

上記のサイトによると、

  • 6.5インチの新型iPhoneのサイズは
    横77.41×縦157.53×厚さ7.68mm、
  • 6.1インチの新型iPhoneのサイズは
    横75.72×縦150.91×厚さ8.32mm

出典:Wylsa.com

そしてリーク主のSteve H.が公開した新型iPhoneは液晶ディスプレイやシングルカメラ、アルミフレームを採用し、3D Touch機能を省いてRAM容量も3GBに抑えることで廉価に販売されると予測しています。

やはりiPhoneの高騰は気になるところ。

もっと安くなれば購入に至るのですが、毎回購入を考えるたびにお財布との

格闘が始まってしまいます。

もしこの廉価版が発売されれば、iPhone8やXが買えなかったユーザーには朗報ですね。

私もその一人なので期待して待ちたいと思います。

動画でも紹介されていたのでぜひ見てください。

Apple iPhone 2018 6.5-inch: Exclusive First Look

iPhone11の情報については色々リークされ次第、追記していきますね。

Sponsored Links

iPhone11のスペックや新機能がすごい!

2019年発売のiPhoneはここまで調べてきて、どうやらiPhoneX廉価版の可能性が高いことがわかりました。

しかも3D Touch機能を省いたり、画面がさらに大きくなったりと、AndroidからiOSに変えるユーザーが多くなりそうな気がします。

さてiPhone11(仮称)の方はというと、これといってスペックや新機能についての情報はリークされていませんが、ネット上ではいろんな予想がされているので、紹介して見たいと思います。

iPhoneが曲がる!?

ReFlex: Revolutionary flexible smartphone allows users to feel the buzz by bending their apps.

このスマホを曲げることができる機能は「OLED」と「FULL ACTIVE FLEX」の2つがあり、

  • OLED:有機ELディスプレー
  • FULL ACTIVE FLEX:曲げられるプラスチック

という開発が進んでいて、FULL ACTIVE FLEXに関してはもう量産の目処が立っているんだとか。

強度まではわかりませんが、もし絶対割れないディスプレーなら、今までiPhoneのディスプレーのひび割れに泣いていたユーザーにとっては朗報ですね。

iPhoneは画面が割れやすいというイメージがあった方は購入する可能性が高いですね。

360度フルスクリーン

夢のiPhoneですよね!

これが現実になれば全てのスマホユーザーがiPhoneに変えるはず!

そのくらいのインパクトはありますね。

iPhone 2020 Year – 360° Screen

地味にジョブズがまだ行きていたら、もうとっくに360度フルスクリーンになっていたと思うのは私だけですかね。

CPUはA12搭載か!?

iPhone8やXからはA10チップの25%アップしたというA11チップが搭載されています。

その数字だけを見てもどれだけ性能がアップしたかわかりますよね。

しかし予測にはなりますが、「A10」が2.34GHzで動作しているのに対し、「A11」は2.5Ghzと数字としてはそれほど上がっていません。

iPhone11にA12が搭載するようになっても、そこまでは変わらないと思います。

追記:新iPhoneは約25〜30%スピードアップ?バッテリー持続時間も大幅に改善か?

新iPhoneに搭載と噂されるA12チップ(仮称)により、前年モデルよりもマルチコアの処理速度が25〜30%アップするとともに、バッテリー持続時間の大幅な改善が望めるとの予測が報じられています。

引用:engadget

iPhone11まとめ

ということで今回はiPhone11(仮称)について現時点で分かっていることをまとめて見ました。

iPhone情報は日々変わっていくので、要チェックして行きたいと思います。

Sponsored Links

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました