全米プロゴルフ選手権2019賞金や出場選手は?歴代優勝者は誰?

今年で101回目を迎える、

歴史あるゴルフ大会、全米プロゴルフ選手権2019

ゴルフのメジャー選手権の一つに

数えられているこの大会で優勝すれば、

5年間のPGAツアーのシード権が与えられる

大会でもあります。

 

ちなみに1970年までは、

永久シードが与えられていたそうです。

 

さてここで気になるのが、

賞金ですよね。

賞金総額はもちろんですが、

優勝したらいくらもらえるんでしょうか。

 

他にも歴代優勝者出場選手

チェックしてみましょう。

 

それではどうぞ。

Sponsored Links

全米プロゴルフ選手権2019の日程やテレビ放送は?

出典:PGA2019

2019年の全米プロゴルフ選手権のコースは、

ニューヨーク州ファーミングデールにある、

ベスページ・ブラックコースで行われます。

  • 1日目【5月16日(木)】
  • 2日目【5月17日(金)】
  • 3日目【5月18日(土)】
  • 4日目【5月19日(日)】

全米プロゴルフ選手権2019の放送に関しては、

下記の記事で書いてありますのでご覧ください。

・全米プロゴルフ選手権2019テレビ放送や結果速報!
コースや出場資格は?

2017年からフジテレビが、

21年ぶりに生中継を開始しています。

2018年も同様にフジテレビで生中継されたので、

2019年も生中継だと思います。

 

また詳しいことがわかりましたら上記の記事に

追記しますのでご覧ください。

全米プロゴルフ選手権2019の賞金をチェック!

昨年2018年賞金総額1100万ドル

日本円にして約12億2000万円

 

優勝したブルックス・ケプカ選手には、

198万ドル

日本円にして約2億2000万円が送られました。

※1ドル111.16 円換算

 

さて2019年の優勝賞金は、

なんと!

 

 

 

と、まだ公式な発表がありませんので、

詳しいことがわかり次第追記いたします。

 

 

 

 

まー賞金アップは間違いないですね!

歴史に名を刻んだ歴代優勝者は誰?

全米プロゴルフ選手権は

1916年から開催されている、

歴史あるメジャー大会です。

 

当初はマッチプレー形式で行われていましたが、

1958年からはストロークプレー形式に

変更されてい流ので、

ストロークプレー形式になってからの

歴代優勝者をチェックしてみましょう。

ストロークプレー時代の優勝者

※( )内は最終スコアです。

  • 2018:ルックス・ケプカ【アメリカ(−16)】
  • 2017:ジャスティン・トーマス【アメリカ (−8)】
  • 2016:ジミー・ウォーカー【アメリカ(−14)】
  • 2015:ジェイソン・デイ【オーストラリア(−20)】
  • 2014:ローリー・マキロイ【北アイルランド(−16)】
  • 2013:ジェイソン・ダフナー【アメリカ(−10) 】
  • 2012:ローリー・マキロイ【北アイルランド(−13)】
  • 2011:キーガン・ブラッドリー【アメリカ(−8)】
  • 2010:マルティン・カイマー【ドイツ(−11)】
  • 2009:梁容銀【大韓民国(−8)】
  • 2008:パドレイグ・ハリントン【アイルランド(−3)】
  • 2007:タイガー・ウッズ【アメリカ (−8) 】
  • 2006:タイガー・ウッズ【アメリカ(−18)】
  • 2005:フィル・ミケルソン【アメリカ(−4)】
  • 2004:ビジェイ・シン【フィジー (−8)】
  • 2003:ショーン・ミキール【アメリカ(−4)】
  • 2002:リッチ・ビーム【アメリカ(−10)】
  • 2001:デビッド・トムズ【アメリカ(−15)】
  • 2000:タイガー・ウッズ【アメリカ(−18)】
  • 1999:タイガー・ウッズ【アメリカ(−11)】
  • 1998:ビジェイ・シン【フィジー(−9)】
  • 1997:デービス・ラブ3世【アメリカ(−11)】
  • 1996:マーク・ブルックス【アメリカ(−11)】
  • 1995:スティーブ・エルキントン【オーストラリア(−17)】
  • 1994:ニック・プライス【ジンバブエ(−11)】
  • 1993:ポール・エージンガー【アメリカ(−12) 】
  • 1992:ニック・プライス【ジンバブエ(−6)】
  • 1991:ジョン・デーリー【アメリカ(−12)】
  • 1990:ウェイン・グラディ【オーストラリア (−6)】
  • 1989:ペイン・スチュワート【アメリカ(−12) 】
  • 1988:ジェフ・スルーマン【アメリカ(−12)】
  • 1987:ラリー・ネルソン【アメリカ(−1) 】
  • 1986:ボブ・ツエー【アメリカ(−8)】
  • 1985:ヒューバート・グリーン【アメリカ(−6)】
  • 1984:リー・トレビノ【アメリカ (−15)】
  • 1983:ハル・サットン【 アメリカ(−10)】
  • 1982:レイモンド・フロイド【アメリカ(−8)】
  • 1981:ラリー・ネルソン【アメリカ(−7)】
  • 1980:ジャック・ニクラス【アメリカ (−6)】
  • 1979:デビッド・グラハム【オーストラリア(−8)】
  • 1978:ジョン・マハフィー【アメリカ(−8)】
  • 1977:ラニー・ワドキンス【アメリカ(−6)】
  • 1976:デーブ・ストックトン【アメリカ(+1)】
  • 1975:ジャック・ニクラス【アメリカ(−4)】
  • 1974:リー・トレビノ【アメリカ(−4)】
  • 1973:ジャック・ニクラス【アメリカ(−7)】
  • 1972:ゲーリー・プレーヤー【南アフリカ共和国(+1)】
  • 1971:ジャック・ニクラス【アメリカ(−7)】
  • 1970:デーブ・ストックトン【アメリカ(−1)】
  • 1969:レイモンド・フロイド【アメリカ(−8)】
  • 1968:ジュリアス・ボロス【アメリカ(+1)】
  • 1967:ドン・ジャニュアリー【アメリカ(−7)】
  • 1966:アル・ガイバーガー(E)】
  • 1965:デーブ・マー【アメリカ(−4) 】
  • 1964:ボブ・ニコルス【アメリカ(−9)】
  • 1963:ジャック・ニクラス【アメリカ(−5)】
  • 1962:ゲーリー・プレーヤー【南アフリカ(−2)】
  • 1961:ジェリー・バーバー【アメリカ(−3)】
  • 1960:ジェイ・ハーバート【アメリカ(+1)】
  • 1959:ボブ・ロスバーグ【アメリカ(−3)】
  • 1958:ドウ・フィンスターワルド【アメリカ(−4)】

引用:ウィキペディア

歴代優勝者を見てみると、

なんと1オーバーで優勝している年もあるんです。

 

それだけコースが難しく、

自然現象など、特に雨や風の影響が

ものすごいんだってういうことがわかります。

 

歴代最多優勝者はあの伝説のゴルファー、

ジャック・ニクラス

出典:GREEN GORA

  • 生年月日:1940年1月21日(79歳)

全米オープンは4勝(歴代1位)、

全英オープン3勝、

全米プロゴルフ選手権5勝(歴代1位)、

マスターズ6勝(歴代1位)と、

通算メジャー18勝は歴代1位。

 

まさにゴルフの申し子として、

人生をゴルフに捧げた人です。

 

そしてその記録にいちばん近いのが、

なんとタイガー・ウッズなんです。

全米オープンは3勝、

全英オープン3勝、

全米プロゴルフ選手権4勝、

マスターズ4勝と、

通算メジャー14勝は歴代2位。

 

2019年、

絶対に全米プロゴルフ選手権に出場する

タイガー・ウッズの活躍が、

個人的にはいちばん楽しみですね。

 

ちなみに通算スコア記録は2015年に優勝した、

ジェイソン・デイ。

20アンダーだそうです。

 

ということは気象条件や本人の調子にもよりますが、

条件さえ整えば、

難しいコースですが

安定したスコアが出せるってことなんですよね。

 

条件が整えばの話しですが、

そのギャップが波乱万丈すぎて

見てて面白い理由でもあるんですよね。

Sponsored Links

闘志を燃やす出場選手をチェック!

さてこの大会に出場するにも

ちゃんと出場資格があります。

それがこちら。

過去の全米プロゴルフ選手権優勝者

  • 過去5回のマスターズ、全米オープン、全英オープンの優勝者
  • 当年全米プロシニアゴルフ選手権優勝者
  • 前年全米プロ選手権上位15位(タイを含む)の者
  • 当年PGAクラブプロ選手権上位20位以内の者
  • 当年獲得賞金ランキング上位70名
  • ライダーカップまたはプレジデンツカップ[4]メンバー(米国チーム)
  • 前年度全米プロ選手権以降のPGAツアー競技優勝者
  • PGAオブ・アメリカの推薦する者
  • 賞金ランキング70位以降の上位者を出場者が156名に達するまで順次追加

引用:Wikipedia

となると、

下記の選手は絶対に出場すると思います。

  • ダスティン ジョンソン
  • ジャスティン ローズ
  • ブルックス ケプカ
  • ジャスティン トーマス
  • ブライソン デシャンボー
  • ロリー マキロイ
  • リッキー ファウラー
  • ザンダー シャウフェレ
  • ジョン ラーム
  • フランチェスコ モリナリ
  • ジェイソン デイ
  • タイガー ウッズ
  • トニー フィナウ
  • トミー フリートウッド
  • ポール ケイシー

では、

肝心の松山英樹選手はというと、

上記条件の「当年獲得賞金ランキング上位70名」に

当てはまっているので出場することができます。

 

ちなみに現在の松山英樹選手の2018*2019の成績は

獲得賞金が約1,00万ドルで34位です。

 

こちらの出場選手の公式な発表があり次第、

ちゃんと追記しますね。

全米プロゴルフ選手権2019まとめ

ということで今回は、

全米プロゴルフ選手権2019について、

賞金や出場選手、歴代優勝者は誰なのか

チェックして見ました。

 

まだ公式な発表がない情報もありますが、

随時、追記して行きますので、

楽しみにしていてくださいね。

Sponsored Links
Sponsored Links