MGC(東京五輪マラソン代表選考)生中継はいつ?出場者やコースはどこ?

日本で東京オリンピックが決まった時は、まだまだ先の話かと思っていたんですが、やばいっすねー、もう始まっちゃいますよ。

いやー年とは取りたくないものですが、1年があっという間だから、勝手に年取ってますね。

こうやって年老いてくんですね。

しみじみ…。

そんな話じゃなくて東京オリンピックでしたね。

さて今回取り上げる内容は東京オリンピックの種目にもなっている「マラソン」です。

その日本代表が決定するマラソングランドチャンピオンシップ、通称MGCがいよいよ開催されると言うので、いろいろ調べて見たいと思います。

ここではマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)について、生中継はいつなのか?

そして一番気になる出場者コース詳細もチェックして見たいと思います。

それではどうぞ。

Sponsored Links
Sponsored Links

MGC(東京五輪マラソン代表選考)生中継はいつ?

  • 開催日:2019年9月15日(日)
  • スタート:あさ9時ごろ予定
  • ※男女のスタート時間は多少ずらすそうです。
  • ※男子はTBS系で、女子はNHKで放送される予定。

男子と女子で多少時間差はありますが、テレビの種類によっては2画面で入れますね。

リアルタイムで結果がわかるので、テレビの替え時は今かもしれませんね。

どっちにしても東京オリンピックではいいテレビで見たいですから、この際がだから4Kや8Kの液晶テレビを買ってもそんではないと思います。

8Kはまだ高いですが、4Kだったらだんだんと根が下がってきてルカら、私も買おうかな。

MGCのスタート時間は詳しいことがわかりましたら追記しますので、お楽しみに。

MGC(東京五輪マラソン代表選考)出場者をチェック!

男子

村澤明伸

  • 所属:日清食品グループ
  • 自己ベスト:2:09:47
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 北海道マラソン2017 1位(2:14:48)

大迫傑

  • 所属:Nike
  • 自己ベスト:2:05:50
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第71回福岡国際マラソン 日本人1位(2:07:19)

上門大祐

  • 所属:大塚製薬
  • 自己ベスト:2:09:27
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第71回福岡国際マラソン 日本人2位(2:09:27)

竹ノ内佳樹

  • 所属:NTT西日本
  • 自己ベスト:2:10:01
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第71回福岡国際マラソン 日本人3位(2:10:01)

園田隼

  • 所属:黒崎播磨
  • 自己ベスト:2:09:34
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第67回別府大分毎日マラソン 日本人1位(2:09:34)

設楽悠太

  • 所属:Honda
  • 自己ベスト:2:06:11
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2018 日本人1位(2:06:11)

井上大仁

  • 所属:MHPS
  • 自己ベスト:2:06:54
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2018 日本人2位(2:06:54)

木滑良

  • 所属:MHPS
  • 自己ベスト:2:08:08
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2018 日本人3位(2:08:08)

宮脇千博

  • 所属:トヨタ自動車
  • 自己ベスト:2:08:45
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2018 日本人4位(2:08:45)

山本憲二

  • 所属:マツダ
  • 自己ベスト:2:08:42
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2018 日本人5位(2:08:48)

佐藤悠基

  • 所属:日清食品グループ
  • 自己ベスト:2:08:58
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2018 日本人6位(2:08:58)

中村匠吾

  • 所属:富士通
  • 自己ベスト:2:08:16
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第73回びわ湖毎日マラソン 日本人1位(2:10:51)

川内優輝

  • 所属:埼玉県庁
  • 自己ベスト:2:08:14
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第48回防府読売マラソン 1位(2:10:03)、第71回福岡国際マラソン 日本人4位(2:10:53)※ワイルドカード(1.ii.)

岡本直己

  • 所属:中国電力
  • 自己ベスト:2:11:29
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 北海道マラソン2018 1位(2:11:29)

谷川智浩

  1. 所属:コニカミノルタ
  2. 自己ベスト:2:11:39
  3. 出場権を獲得した大会と記録:
  4. 北海道マラソン2018 日本人2位(2:12:02)

大塚祥平

  • 所属:九電工
  • 自己ベスト:2:10:12
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 北海道マラソン2018 日本人3位(2:12:07)

中本健太郎

  • 所属:安川電機
  • 自己ベスト:2:08:35
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 北海道マラソン2018 日本人4位(2:12:54)

藤本拓

  • 所属:トヨタ自動車
  • 自己ベスト:2:07:57
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • シカゴマラソン2018 8位(2:07:57)※ワイルドカード(1.i.)

服部勇馬

  • 所属:トヨタ自動車
  • 自己ベスト:2:07:27
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第72回福岡国際マラソン 1位(2:07:27)

山岸宏貴

  • 所属:GMOアスリーツ
  • 自己ベスト:2:10:14
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第72回福岡国際マラソン 日本人4位(2:10:42)※ 東京 2020 オリンピックマラソン日本代表選手選考方針 7
  • ※ 条件により

福田穣

  • 所属:西鉄
  • 自己ベスト:2:09:52
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第72回福岡国際マラソン 日本人5位(2:10:54)
  • ※ 東京 2020 オリンピックマラソン日本代表選手選考方針 7
  • ※ 条件により

二岡康平

  • 所属:中電工
  • 自己ベスト:2:09:15
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第68回別府大分毎日マラソン 日本人1位(2:09:15)

橋本崚

  • 所属:GMOアスリーツ
  • 自己ベスト:2:09:29
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第68回別府大分毎日マラソン 日本人2位(2:09:29)

岩田勇治

  • 所属:MHPS
  • 自己ベスト:2:09:30
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第68回別府大分毎日マラソン 日本人3位(2:09:30)

堀尾謙介

  • 所属:中央大学
  • 自己ベスト:2:10:21
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2019 日本人1位(2:10:21)

今井正人

  • 所属:トヨタ自動車九州
  • 自己ベスト:2:07:39
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2019 日本人2位(2:10:30)

藤川拓也

  • 所属:中国電力
  • 自己ベスト:2:10:35
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2019 日本人3位(2:10:35)

神野大地

  • 所属:セルソース
  • 自己ベスト:2:10:18
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 東京マラソン2018 日本人12位(2:10:18) 、東京マラソン2019 日本人4位(2:11:05) ※ワイルドカード(1.ii.)

山本浩之

  • 所属:コニカミノルタ
  • 自己ベスト:2:09:12
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第74回びわ湖毎日マラソン 日本人3位(2:10:33)

河合代二

  • 所属:トーエネック
  • 自己ベスト:2:10:50
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第74回びわ湖毎日マラソン 日本人4位(2:10:50)※ 東京 2020 オリンピックマラソン日本代表選手選考方針 7
  • ※ 条件により

 

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

女子

前田穂南

  • 所属:天満屋
  • 自己ベスト:2:23:48
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 北海道マラソン2017 1位(2:28:48)

松田瑞生

  • 所属:ダイハツ
  • 自己ベスト:2:22:23
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第37回大阪国際女子マラソン 1位(2:22:44)

安藤友香

  • 所属:スズキ浜松AC
  • 自己ベスト:2:21:36
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第37回大阪国際女子マラソン 3位(2:27:37)

関根花観

  • 所属:日本郵政G
  • 自己ベスト:2:23:07
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2018 日本人1位(2:23:07)

岩出玲亜

  • 所属:アンダーアーマー
  • 自己ベスト:2:23:52
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2018 日本人2位(2:26:28)

野上恵子

  • 所属:十八銀行
  • 自己ベスト:2:26:33
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2018 日本人3位(2:26:33)

鈴木亜由子

  • 所属:日本郵政G
  • 自己ベスト:2:28:32
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 北海道マラソン2018 1位(2:28:32)

小原怜

  • 所属:天満屋
  • 自己ベスト:2:23:20
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2018 日本人5位(2:27:44)、第45回ベルリン・マラソン 10位(2:27:29)※ワイルドカード(1.ii.)

中野円花

  • 所属:ノーリツ
  • 自己ベスト:2:27:39
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 第38回大阪国際女子マラソン 日本人2位(2:27:39)

福士加代子

  • 所属:ワコール
  • 自己ベスト:2:22:17
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2019 日本人2位(2:24:09)

上原美幸

  • 所属:第一生命グループ
  • 自己ベスト:2:24:19
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2019 日本人3位(2:24:19)

前田彩里

  • 所属:ダイハツ
  • 自己ベスト:2:22:48
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2019 日本人4位(2:25:25)

谷本観月

  • 所属:天満屋
  • 自己ベスト:2:25:28
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2019 日本人5位(2:25:28)

池満綾乃

  • 所属:鹿児島銀行
  • 自己ベスト:2:26:07
  • 出場権を獲得した大会と記録:
  • 名古屋ウィメンズマラソン2019 日本人6位(2:26:07)

ワイルドカード

  1. 2017年8月1日~2019年4月30日までの「国際陸上競技連盟が世界記録を公認する競技会」で、ⅰ、ⅱのいずれかを満たした競技者
    ⅰ:男子2時間08分30秒以内、女子2時間24分00秒以内
    ⅱ:期間内の上位2つの記録の平均が、男子2時間11分00秒以内、女子2時間28分00秒以内
  2. 第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)8位入賞者 ※対象者ナシ
  3. 第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ)3位入賞者
  4. MGCシリーズ各大会において、気象条件等によりMGCファイナリストの資格を1名も満たさなかった場合、強化委員会が出場資格相当と判断した競技者
  5. こうやって出場選手を見てみると、今のマラソンを牽引してきた選手や、若手まで本当に誰が優勝するかわからない面々ですね。

現、日本記録保持者の設楽悠太選手も、これだけの選手が集まった大会ですから、うかうかしてれれません。

設楽悠太選手だって、日本代表に選ばれない可能性だってあり得るんですから。

とは言うものの、東京オリンピック日本代表選手の最有力候補選手なので、期待していたいと思います。

できればここで自分の記録を打ち破って優勝して欲しいですね。

そして個人的に頑張ってほしい選手は、日清初期品グループの佐藤悠基選手。

中学・高校・大学とトラック種目や駅伝等で年代別の新記録を樹立するなどトップ選手として活躍してきた彼がマラソンに移行したのは2013年。

トラック競技との違いに悩んだ時期もあったようですが、32歳とマラソン選手としては最後にオリンピックチャレンジになると思うので、ここで一旗あげて欲しいですね。

女子の注目選手はこのメンバーの中で一番の自己ベスト2:21:36の記録を持つ安藤友香選手。

後続には松田瑞生選手や、前田彩里選手など、力をつけてきている選手が数多くいるだけに、楽しみなレース展開になりそうですね。

福士加代子選手ももう36歳ですが、経験豊かな選手なので、走りの違いを見せて欲しいですね。

詳しい選手情報はこちらマラソングランドチャンピオンシップOfficial Siteファイナリストをご覧ください。

MGC(マラソン)コース詳細

MGCのコースは、明治神宮外苑の銀杏並木をスタートして、東京のランドマーク的スポットを経由しながら、再び明治神宮外苑のゴールを目指します。

東京オリンピックの時はスタートとフィニッシュが明治神宮外苑から新国立競技場になるだけで、ほとんど変わらないそうです。

・高解像度ダウンロード版はこちらから (PDF:352KB)

Sponsored Links
Sponsored Links

動画でも紹介されていて、こっちの方が分かり易かったのでご覧ください。

【MGC】2019年9月15日(日)開催!マラソングランドチャンピオンシップ コースムービー

何もない田んぼ道見たいなコースだと本当につまらないですからね。

東京の観光地が盛りだくさんで、東京を一気見したような感じになりそうです。

これテレビでは見ていても、けっこう楽しめそうな大会にですね。

コース詳細

明治神宮のイチョウ並木からスタートして、新国立競技場の横を通り、外苑西通りを北上すると、上り下りの坂が続きます。

富久町西交差点を右折し靖国通り、外堀通りを進みおよそ5km地点の飯田橋を過ぎると、東京ドームのある水道橋へと向かっていきます。

水道橋交差点を右折し、白山通りを南下し神保町へ。神保町交差点を左折し、靖国通りへ入ります。

秋葉原付近の須田町交差点を右折し、中央通りへ。

しばらく進むと、10km地点の日本橋となります。

日本橋交差点を左折、茅場町一丁目交差点を左折、浜町中ノ橋交差点を左折、浅草橋倉前を通過し、さらに北上。

右手にスカイツリーが見えてくると、15km地点の浅草寺雷門。

雷門を通過し、吾妻橋交差点を右折して南下します。

再び蔵前、浅草橋を通過し日本橋を目指します。

日本橋交差点を左折したところが、20km地点。

中央通りを南下して、銀座へ進みます。

その後新橋へ。

西新橋交差点を左折し、日比谷通りへ。

さらに南下し、増上寺芝公園へ向かいます。

芝公園で折り返すし、少し進むと25km地点。

新橋、銀座、日本橋を通過。

須田町交差点まで戻り左折すると、30km地点になります。

神保町交差点を左折し、内堀通りに入り、皇居外苑、二十橋方面へ。

そして二重橋前で折り返し、北上。

神保町交差点を直進し、白山通りを進み、水道橋交差点を左折。

外堀通り、靖国通りを進み、富久町西交差点へと向かう上り坂に差し掛かるところで40km地点。

コース終盤の36kmから41kmは高低差最大30mの坂が続きます。

明治神宮外苑へ戻りフィニッシュ。

MGC(マラソン)まとめ

ということで今回は、マラソングランドチャンピオンシップ、通称MGCについて、テレビ放送日程や、出場選手コース詳細をチェックしてみました。

なんか東京オリンピックがいよいよって感じですね

Sponsored Links
Sponsored Links

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました