新元号「令和」の意味や由来も調べて見た!全6案も判明!

Sponsored Links
政治経済

いよいよ元号が決まり、新しい時代の始まりとなりましたね。

私は昭和生まれなので、生きている中では3つの元号を体験?することになります。

もしかしたら4つ目の元号も体験できるかもしれませんが、まずが新しい元号に決まったことに安心と期待を持っていきたいですね。

ここでは新しい元号「令和」に関して、意味由来をチェックして見たいと思います。

それではどうぞ。

Sponsored Links

2019年4月1日 新元号が「令和」に決定!

2019年4月1日(月)のお昼頃に菅官房長官が記者会見を行い、新元号が「令和」で決まったことを報告しました。

れいわ」と読みます。

アルファベットは「L」「R」?

1989年1月7日に小渕氏が会見で「平成」と書かれた額縁を掲げた場面を人生でまた見られるなんて、夢にも思いませんでしたが、なんか感慨深いものがありますね。

一つの時代の終わりと始まり、これからの「令和」はどんな時代になって行くんでしょうか。

明人様から浩宮様へ、親から子へ引き継がれる「天皇」という象徴。

「令和」はいい時代になってくれるといいですね。

外務省が195カ国に「Reiwa」と通達

令和の英字表記はRで始まる「Reiwa」となります。また、今後、在外公館や在京の大使館を通じて新しい元号に込められた意味などを伝えていく方針です。

引用:ライブドアニュース

新元号はどうやって決まったの?

さて新元号はどうやて決まったのか、知っている方も多いと思いますが、再度確認して見たいと思います。

難しいことを書いてもわかりずらいと思いますので、箇条書き端的に説明したいと思います。

漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者が候補を考案

  • 内閣官房長官が選定
  • 閣議で協議
  • 国民を代表する形で衆参両院議長の意見を聞く
  • 閣議で決定

流れとしてはこのような流れで決まったのですが、選定において「国民の理想にふさわし」「漢字2字」「書きやすい」「読みやすい」「今までにないもの」「併用されていないもの」などの制約がありました。

なおかつ、明治=M・大正=T、昭和=S、平成=Hのアルファベットと同じにならないものを選ばなければいけませんでした。

新元号の候補が3つあったようですが、他に2つい関しては公開されませんでした。

新元号は政府提示が6案が判明!

新元号「令和(れいわ)」を決めるにあたり、政府は1日、六つの原案を選び、有識者による「元号に関する懇談会」などに提示した。

政府は原案の数も含めて公表していないが、「令和」のほか、

  • 英弘(えいこう)
  • 広至(こうじ)
  • 万和(ばんな)
  • 万保(ばんほ)
  • 久化(きゅうか)

などがあったことがわかった。

引用:yahooニュース

日本書紀や古事記から考えられたものもあり、中でも「万和」は、6世紀に中国で成立した全30巻の詩文集「文選(もんぜん)」が典拠したそうです。

「令」の下の部分は「マ」でもOK

小学校の教科書には「マ」の形が使われている。

文化審議会国語分科会は、「それぞれが正しい形」「印刷文字と手書き文字の表し方における習慣の差」などと見解を示している。

引用:yahooニュース

Sponsored Links

新元号は「令和」の意味や由来は?

続いて正午頃に安倍総理大臣が談話を発表し、新しい元号に込められた意義などについて、国民に直接伝えることにしている。

引用:yahooニュース

新元号「令和」の出典は万葉集であることを明らかにした。中国ではなく日本の歌集から採用されたのは確認される限り、初めて。

引用:産経新聞

  • 日本の国柄をしっかりと次の時代に引き継いでいく
  • 万葉集は豊かな国民文化を象徴
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味
  • 希望にあふれる日本をつくっていきたい

万葉集32種の序文

菅官房長官のお話では、万葉集の梅の花の歌、32種の序文にある文章から引用されたのことです。

天平二年正月十三日に、師(そち)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(あつ)まりて、宴会を申(ひら)く。時に、初春(しよしゆん)の月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す。加之(しかのみにあらず)、曙(あけぼの)の嶺に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きにがさ)を傾け、夕の岫(くき)に霧結び、鳥はうすものに封(こ)めらえて林に迷(まと)ふ。庭には新蝶(しんてふ)舞ひ、空には故雁(こがん)帰る。ここに天を蓋(きにがさ)とし、地を座(しきゐ)とし、膝を促(ちかづ)け觴(かづき)を飛ばす。言(こと)を一室の裏(うら)に忘れ、衿(えり)を煙霞の外に開く。淡然(たんぜん)と自(みづか)ら放(ひしきまま)にし、快然と自(みづか)ら足る。若し翰苑(かんゑん)にあらずは、何を以(も)ちてか情(こころ)を述※1(の)べむ。詩に落梅の篇を紀(しる)す。古(いにしへ)と今(いま)とそれ何そ異(こと)ならむ。宜(よろ)しく園の梅を賦(ふ)して聊(いささ)かに短詠を成すべし。

引用:万葉集入門

時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っているという意味だそうです。

  • 万葉集によると、『令月』とあるのは『素晴らしい月』という意味。
  • 」には、「令嬢」「令息」といった言葉に使われるように「よい」という意味がある。
  • 中国では『令月』に『吉日』と付けることが多い。令は吉と通じ、めでたい意味がある。
  • 典拠となったのは万葉集に収録された8世紀の歌人、大伴旅人を中心とする梅花の宴(うたげ)の「序」。
  • 梅をめでながら旅人が宴を楽しんでいる心情を詠んだものという意味。

引用:日本経済新聞

新元号「令和」のみんなの反応は?

まとめ

ということで今回は、新元号「令和」について調べて見ました。

新元号はこれからの時代にどう写って行くのか、いいことばかりの時代ではないことは十分承知ですが、新元号のように、みんなが幸せな時代が来るといいですね。

ちなみに新元号の筆をとったのは、安倍首相の判断で前回同様に専門職員が書いたそうです。

  • 新元号発表:2019年4月1日(月)
  • 新元号施行:2019年5月1日(水)午前11時30分

ちなみに東京の新橋駅で号外が配られたようです。

Sponsored Links

コメント

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました